無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4


早速活動の準備に入る。


僕の家で色々と話し合う。


「活動名はどうする?」


『んーー…』


『カルミア…とかはどう、?』


「カルミア?」


『そういうお花があるの。』


『花言葉は大きな希望。』


「お、いんじゃない?」


「それにしよ」


そして活動名はカルミア、


それぞれの名前は本名の下の名前を


使うことになった。


「とりあえず最初はTikTokから?」


『そうだね』


「了解。」


『撮影いつにする?』


「土日空いてる?」


『空いてるよ〜』


「じゃあ土曜にしよ。」


「場所はここで。」


『うん。』


今日の話し合いはここで終わった。


撮影が楽しみだ。