無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3


それからも、沢山の曲を一緒に歌った。


"魔法の絨毯"、"点描の唄"、
"115万キロのフィルム"、"story"………。


かなり沢山の曲を歌った。


そしてあるとき。俺の人生が変わる


きっかけとなる出来事が起きた。




『あの…』 メールで彼女が言う。

「どうしました?」

『一つ提案があって…』

『私と貴方でコンビを組んで、』

『動画を通して歌を配信してみません?』


驚きの提案だった。


だが、案外面白そう。


「楽しそう…」

「ぜひ!やりましょう!」


こうして俺らの歌配信活動は


幕を開いた。