無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9


〜カルミアのファンSide〜




季節はもう冬。


私はカルミアのファンの一人だ。


カルミアは本当に魅力的で、


私達は一瞬にして魅了された。


そんなカルミアは毎週日曜日に


TikTokで動画を更新している。


それが毎週の楽しみだった。


だが先週の日曜日。


いつもならあるはずの


新着動画の通知。


今日は何故だが来なかった。


遅れてるだけかな、と思い、


時間を置いてカルミアのプロフィールを


何度も行き来する。


いつまで待っても動画は更新されなかった。


「ま、こんな日もあるか…。」





翌日の午後8:00。


月曜日なのに動画が更新された。


しかもTikTokとYouTube。


TikTokでは


『僕たちカルミアを応援してくださっている皆様へ。今回はご報告があります。
この度、カルミアは、今後の活動は僕ひとりで行っていくことになりました。本当に急な報告で、驚かせてしまいせん。その理由については長くなりますのでYouTubeにてご覧ください。』


うそ…でしょ、。


あなたさんと解散とか??


恐る恐るYouTubeを開いた。


『いつもご視聴いただきありがとうございます。カルミアのはるです。』

『今回は1つご報告があります。』

『今まで一緒に活動をしてきた
僕の相棒、あなたのことについてですが、先日、亡くなってしまいました。』



…え、…嘘………、。


信じられない…


『僕とあなたの家は隣で、
いつものように撮影をしようと集まる約束をしていたのですが、あなたは来ず、心配になって家に様子を見に行ったら倒れていた、という状況になります。』


『医師によりますと、恐らく持病を
抱えていたとのことです。』



そうだったんだ…


私たちもだけど、


はるさんのショックは大きいだろうな…


それに、もうあの歌声は聞けないのか…


私の心には、1つ穴が空いた気がした。