無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

508
2020/09/27

第46話

ブチ切れ
しゅうが入院して2週間。



今日はスタジオを貸し切ってたはずなのにみんないる。





今日は気分が悪いから来ないで欲しかったし隼にも事前に話してたのに、大声で玲於と話していた。






練習中
玲於
玲於
おいっ!アハハっ


ブチッ



自分の中の何かがキレた。


ドンッ



練習をやめて玲於を壁に押付けた。
玲於
玲於
なんだよ
あなた
うるさいんだよ!
全員
Σ(OωO )ビクッ!?
急に大声を出したからみんな驚いてる。
あなた
おしゃべりするくらいなら練習しろよ!話したいなら別の場所にいけ!
玲於
玲於
練習見に来てる。


玲於らしい。


昔からこうだ。こっちが怒っても冷静で、あの人と似てる。
あなた
レベルが違いすぎるんだよ!見るくらいなら体動かせばいいじゃん。玲於は作詞作曲、振り付け、レコーディング、歌って踊る。全部できる?できないよね!?ダンスだけでも追いつけるくらい練習すればいいじゃん!
玲於
玲於
うるさい。チビのくせに
あなた
玲於もチビじゃん。玲於より小さい人知ってるけどさ、玲於よりダンスすごいよ?KーPOPの男子グループの中では小さな巨人って呼ばれて超天才で、玲於は絶対追いつけない。
玲於
玲於
だから何?
あなた
練習しろって言ってんの。スケジュールズラしてここに来てるの。ダンス教えてるの。おしゃべりするなら来ないで。迷惑!
玲於
玲於
別に教えて欲しいなんて言ってない。
あなた
そう。わかった。
龍友
龍友
ちょっとあなた!?
歌詞が書いてある紙を破り捨てて韓国語の本はコーヒーをかけてゴミ箱に入れた。



みんな唖然としてる。当たり前だけど。






玲於もさすがに驚いてる。
あなた
もう知らない。


部屋を出ようとした時、身体がふらついて座り込んだ。




咳が止まらなくて血を吐いてしまった。
お久しぶりでーす……え…あなた!
しゅうの声が聞こえた。でも、返事する気力がない








しゅうside



俺が入ってきた時あなたは床に血を吐いて倒れていた。

意識はあっても返事はできない状態。





臣さんもすぐに駆けつけてくれたけど……この人世界のイケメンランキングに入るくらいイケメンなんだなぁなんて思ってしまった。





しゅう
しゅう
ヒョン!……ヒョン!!
しゅうのマネージャー
なになに?
しゅう
しゅう
あなたが血吐いた。胃腸風邪だと思うけど2日は入院だろうから。
しゅうのマネージャー
わかった。すみません。病院連れて行って貰えます?
マネージャー
あ、はい。
しゅう
しゅう
あなた、無理すんな。
この言葉を聞いたあとあなたは意識を手放した。
直己
直己
大丈夫かな?
ネス
ネス
これ、どうしよう…
隼
大丈夫ですよ。あなたから事前にコピーされた紙渡されてますから‪w
哲也
哲也
玲於〜お前子どもじゃないんだから喧嘩も程々にしろよ〜
AKIRA
AKIRA
そうだぞ〜
玲於
玲於
わかってますよ。
しゅう
しゅう
あなた、最近、飯食べてました?
SHOKICHI
SHOKICHI
朝、2食、昼、3食、夜2食くらい?普通の人は多すぎるけど
しゅう
しゅう
やっぱりか〜も〜玲於くん、喧嘩ダメだって〜あなた寝てないんだからね?どれだけ忙しいか知らないでしょ?俺らは1時間分の給料を払ったって睡眠時間欲しいんだから
玲於
玲於
お前寝てただろ。2週間。
しゅう
しゅう
え、俺そんなに暇そうに見える?頼まれた作詞作曲ずっとしてたんだけど。酷いなー。俺はお金払って寝たいよ〜
しゅうのマネージャー
俺に払え。俺も寝てねぇ。
しゅう
しゅう
いいよ。1時間寝るよ。
しゅうのマネージャー
はーい。いただきました。
NAOTO
NAOTO
それ嘘でしょ…1時間で250万も稼ぐの?
しゅう
しゅう
俺らの年収20億。逆算したらこれくらい普通。じゃあおやすみ。