無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

426
2020/10/05

第52話

デート
今日は臣くんに誘われてデートに行く!





あまり人が多いところには行けないからってわざわざ人が少ないところを選んでくれた
あなた
運転しないって変な感じだな〜
臣
いつも日本じゃあなたが運転してるの?
あなた
しゅうも一応免許持ってるんだけど右で運転するのが怖いからあんまりしないね。一人の時はしてるみたいだけど
臣
この前、リハに来た人たち見て顔面偏差値の高さにびっくりした。
あなた
みんな整形してないからね‪w韓国男子は美容もきっちりしてるし
臣
俺もしてる!
あなた
そうじゃなくて、一般人でも全身脱毛してる人の割合が高いの。
臣
日本じゃありえない
あなた
うん。
リハーサルの話やこの前の話をしてると目的地に着いた。






旅館
あなた
旅館?
臣
ここならゆっくりできるし部屋には露天風呂付き。夜ご飯は食べに行こう。
あなた
だから着替え持ってきてって言ったのか〜納得。






部屋
あなた
旅館のベッドってなんかいいよねーすぐに寝れそう
臣
変な意味かと思った。
あなた
うわぁぁぁ=͟͟͞͞(꒪⌓꒪;)引。
臣
何?俺は何も変なこと言ってない。
あなた
…臣くんもこっち来て。(手を引っ張る
臣
何?
あなた
臣くんの匂い好き。落ち着く
臣
俺はあなたの匂い好き。
あなた
んふっこれから何する?
臣
お風呂入ろう。めっちゃ広かった。
あなた
いいよ。





お風呂
臣
こっち来て。
あなた
これ本物のタトゥーなんだ
臣
あなたはしないの?あ、HIROさんがダメって言うか
あなた
痛そうだからしない。







レストラン
あなた
テラス席だ!
臣
しゅうから聞いた。
あなた
外見える席好きなの。でも、外には座りたくない‪w
臣
わがまま。
あなた
うるさい‪w














__
臣
乾杯
あなた
日本では19歳だけど?
臣
さんざん飲んでる人が何言ってんだか
あなた
えへへ〜乾杯




普段こういうお店にあまり来ないから楽しかった。










旅館に戻ったあとのことは…ご想像にお任せします♡