第25話

偽善
5,812
2020/04/19 09:31
……それから、私達は友達になった。

毎日、河原に行って……一緒に話したりした。
…ある時。
……私の母が、鬼にされた。
盈仙えいせんあなた
ひっ…!! お、おかあさっ……
去乃笑羅されのえみら
あなた、にげてっ…!!
食われそうになった私を突き飛ばす笑羅。
その勢いのまま、私はとにかく走って逃げた。




日が昇り……帰ってきた時には。

家はボロボロ、血生臭い匂いが漂っていて。
父さんも、兄も、姉も、妹も。

皆…殺されていた。
笑羅と母親の姿はなくて。
その後、人が集まってきた。
MOB
どうした、何があった…!!
MOB
酷い有様だ……
MOB
ま、まさか嬢ちゃんがこれを…!?
盈仙えいせんあなた
ち、違う…!! 私はやってないッッ…
MOB
じゃあ誰が……













︎︎
盈仙えいせんあなた
あの子が……あの子がやったんだっ……笑羅がっ……!!!
最低なことを、吐き捨てた。

その時、向こうから1つ、声がした。
去乃笑羅されのえみら
あなた……? 何を…言って………
盈仙えいせんあなた
っ…!! う、裏切り者!! 何でお父さん達を殺したの!! お母さんは…お母さんは、どこにやったの…!!!
去乃笑羅されのえみら
……え……? 嘘でしょ、あなた……私はっ…!!
MOB
早くその子供を捕らえろ!!!
MOB
牢に放り込んでしまえ!!!
MOB
コイツは子供の姿をした殺人鬼だ…!!
MOB
血だらけで薄汚い……早く捕らえてくれないか!!
盈仙えいせんあなた
……。
母親を、悪者にするくらいなら。

友達を売った方がマシだ……と。




私は……偽善を、貫いた。
最後の…笑羅の、目。
濁った藍色ではなく……。






憎しみを込めたような……ドス黒い色をしていた。

















next

プリ小説オーディオドラマ