第11話

当たる悪い予感
ふぅ
やっと家が見えてきた······ 
トントン
誰かが私の肩を叩いた?
恐る恐る後ろを向く
だが誰もいない
私
気のせいか·····
私はそこで急に力が抜けた
バタン
急に意識が悪くなる
誰かが私を持ち上げた
軽く持ち上げたのできっと男だろう··
私は私の身に何が起こっているのかわからなかった