無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

16
2021/08/08

第3話

いつものコト
教室へ入り急いで準備をしようとした



























机には…






























ペンで書かれた暴言や
紙くずなどが捨てられていた









凶美くみの方を見るとなぜか笑っていた
いじめっ子
いじめっ子
うわぁー
あなたの机きったなーw
いじめっ子(男子)
いじめっ子(男子)
誰がやったんだろー
クラスのみんなはクスクス笑った
あなたの友達
あなたの友達
あなた達がやったんでしょ?
いじめっ子(男子)
いじめっ子(男子)
は?
俺しらねー
いじめっ子
いじめっ子
私も知らなーい
てか、理由もないのに決めつけないでくれる?
(なまえ)
あなた
咲彩いいよ((ボソッ…
あなたの友達
あなたの友達
何言ってんの?
(なまえ)
あなた
大丈夫
いつものコト((ニコッ
私は笑いながら言った。なぜなら大事おおごとにはしたくなかったからだ
あなたの友達
あなたの友達
わかった
〜〜〜〜〜〜〜〜数分後〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
((ガラ ガラ ガラ
先生
先生
はい、席ついてー
クラスは一気に静まり返った
そんなこんなで授業が終わった







✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂



















                            放課後…











あなたの友達
あなたの友達
トイレいってくる((ボソッ…
(なまえ)
あなた
わかったー
数分後……
いじめっ子
いじめっ子
ねぇ
(なまえ)
あなた
なに?((ギクッ
いじめっ子
いじめっ子
後で体育館裏きて?
(なまえ)
あなた
え?
いじめっ子
いじめっ子
だから体育館裏に来い💢
(なまえ)
あなた
う、うん