無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第99話

➮ 98




















- あたしは小野さんに連れられ

体育館裏まで来た









楓花:単刀直入に聞くね




あなた:……?









- 『 倫太郎くんとどういう関係なの? 』

そう聞く小野さんは怒った顔をしていた













あなた:別に……ただの友達だよ……?









- " ただの友達 "

そう言っただけで胸が痛かった












楓花:じゃあもう倫太郎くんに近付かないで




あなた:え………?




楓花:私………倫太郎くんの事が好きだから




あなた:ッ………!!!!









- わかりきっていた答え

しかしやはり現実を突き付けられると動揺する









楓花:倫太郎くんをただの友達だと思ってるなら弄ぶような事しないで




あなた:も,弄ぶようなことなんてしてなッ……




楓花:黙れ!!!!




あなた:ッ………









- 大声に驚いてビクッとした

角名くんに向けていたあの可愛らしい姿は

一体何処へ行ってしまったの……?










楓花:邪魔するなら唯じゃおかないから




あなた:えッ………




















- それだけ言うと小野さんは行ってしまった































邪魔って何……?二人は両想いでしょ……?





























でもやっぱり……小野さんにとって目障りなのかな
































………ちょうどいい機会なのかもしれない































ちゃんと____気持ちを捨てよう