無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

➮ 25




















角名 side






治:?角名今日はやけに急いどるなぁ




角名:うん,まぁね









- 『 一緒に行こうよ 』

誘ってくれたのは紛れもないあなた本人

何で誘ってくれたのかはわからない

あなたのことだから絶対に深い意味は無い

わかってるけど……やっぱり嬉しい









銀島:何やぁ?角名デートかぁ?




角名:まぁそんな感じ









- あなたを待たせてるから急いで着替える

汗くさくないかな?大丈夫かな?

茶化してくる奴には適当に返事しとけばいいや









銀島:え!!誰とデートなん!?




角名:言わないよ




尾白:角名も女子と関わるん!?




赤木:そりゃ関わるやろ( 笑 )




治:でも……角名が話しとる女子,あなたしかわからん









- 流石治,鋭いね









銀島:え,あなたって難波あなた!?









- 『 あの" 高嶺の花 "の!? 』と騒ぐ銀島

高嶺の花とか本当に外観だけ

あなたは全然高嶺の花なんかじゃない









角名:さぁね




銀島:何や!教えろや!減るもんやないやろ!









- 教えろと騒ぐ銀島

でも俺に今構ってる暇はない
































侑:……ほんまにあなたなん?

































- 今まで黙っていた侑が急に口を開いた






























侑:……ほんまに……難波あなたとデートなん?



























角名:………そうだけど,何?



























- 何で侑は




























そんなにあなたが気になるの?