無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

➮ 22




















角名 side






- 数日後の午後練終わり









尾白:お,降り出したなぁ




赤木:夕方降る言うてたもんなぁ




侑:あかーん!傘忘れた!!




治:ダサ










- 練習終了直後に降り出した雨

今日は天気予報を見てちゃんと傘を持ってきた

そういえば

君と出会ったのもこんな日だった





































- 1年前







角名:………あ









- この日も部活が終わって帰ろうとしたら

運悪く雨が降ってきた

そして傘を持ってきていない









角名:……雨降るなんて聞いてないし……





























?:……あの……




























- どう帰ろうか悩んでいた時

後ろから声を掛けてくれた一人の女の子






























角名:………?




?:あ,の……傘……無いんですか…?




角名:え?あ,うん…




?:あたし,友達の傘入れてもらえるので…!









- 『 良かったら使ってください 』と

微笑みながら手渡された傘









?:それじゃ…!




角名:あ……!









- お礼を言う時間も与えずに

友達の元へ行ってしまった君









美結:" あなた ",何しとったの?




?:ううん!それより傘忘れちゃったから入れて!




美結:え?珍しいなぁ。ええけど!









- " あなた "と呼ばれた君

俺は直ぐに分かった

あの子が

" 難波あなた "か









角名:……渡し逃げかよ





























- 男子とあまり関わりたくないんだろう





























噂はよく聞いていた





























" 難波さんに告白したら終わり "





























" 難波さんは男子とはあまり関わらない "




























でも俺は


























そんな君に恋をしてしまった









✁┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ようやく一週間が終わりました……
もう身体ぼろぼろです……笑
今も割と半分寝てます笑
更新忘れるところでした危ない危ない


とりあえず寝ます( 絶対要らない報告 )