無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

➮ 53




















角名 side






角名:ちょっと自販行ってくるからこの問題解いておいて




治:おん……俺のも頼む









- 流石に喉が渇いたと思って自販に向かう

テスト期間は殆どの部活がOFFだから

校庭も校内も静まり返っている

そんな中で____俺は侑とあなたを見つけた









角名:………?









- 2人の向かう屋上に向かう

屋上に着いて見えたあなたは

怖がって震えていた



















バンッ




















あなた:ッ………!?









- 突然開いた扉に驚いたあなたは此方を見る









侑:………何やねん,角名









- " 邪魔をするな "と言わんばかりの顔で見てくる侑









角名:あなたが怯えてるの見て分からない?




あなた:ッ………!









- 目の前にした彼女は

やはり酷く怯えて震えていた









侑:………俺は此奴に話があんねん




角名:へぇ,怯えてる相手に無理やりする話なの?









- 俺はあなたの腕を掴み引き寄せようとする





























侑:ッ触んなや!!!!!





























- 突然声を上げてあなたの腕を掴む侑

当然あなたは驚いてビクッとする









角名:何で?




侑:何でもや




角名:別に……あなたは侑のものじゃないよね?









- 言われた侑は顔を顰めた










角名:あなたが今侑と話せる状態だと思う?




あなた:ッ………!









- 俺は侑の手を振り払ってあなたを引き寄せた




















角名:相手の状態くらい見なよ



















- そう言うと侑は急に





























俺の胸ぐらを掴んだ


























侑:ッ……角名に俺の気持ちがわかるわけないやろ……




























- 侑のこんなに怒った顔は初めて見た

そのくらい険しい顔をしていた

侑は俺をバッと離せば

荒々しく屋上から出て行ってしまった



















角名:………大丈夫?









- 俺は引き寄せた彼女に目を向ける

でも彼女は____
















あなた:ッうぅ……



















- 俺の腕の中で泣いていた






























勿論怖かったのもあると思う































でも





























他の感情も入っている気がした