無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

➮ 123




















角名 side











- あなたは今日,休みだった

体調不良らしい。LINEも来ていた

つまりそれはお兄さんと家で二人きり

実のお兄さんのはずなのに____

俺は何故かモヤモヤしていた












美結:あなたおらんと暇やなぁ




角名:あなたしか友達いないの?




美結:そういう訳や無いけどさぁ!!









- もちろん冗談で言った

俺だってあなたが居なくて寂しい













美結:とか言って角名くんもあなたがおらんくて寂しいんやろ?




角名:え?













- まさか西村さんにバレてると思わなくて俺は驚いた









角名:知ってたの?




美結:そりゃあ見てればわかるわ( 笑 )




角名:あなたは?










- 『 あれは大物の鈍感やから気付いとらん 』

って言う西村さん

ですよね。わかってました












美結:でもクリスマス一緒に過ごすんやろ?




角名:え?何で知ってるの?




美結:何でってそりゃああなたから聞いたんよ!












- そう笑って言う西村さん

あなた…言ったんだ

何となくそういうの言いたがらなそうって思ってた










美結:ていうか私から聞き出した




角名:え?




美結:だってこの前買い物してる時に" どの服が可愛いかな…? "って真剣に選んでるんよ!?









- 『 絶対何かあると思って聞いたよね 』と笑う西村さん

あなたが俺と出掛ける為に服を……?

やばい………死ぬ程嬉しい













美結:はよ気持ち伝えや




角名:言われなくてもクリスマスに伝えるつもりだよ









- 『 キャー! 』と騒ぐ西村さん

やめて。みんな見てるじゃん









美結:あ,そう言えば全然話変わるんやけどさ




角名:何?




美結:角名くん,あなたが東京からこっちに戻って来た理由って知っとる?












- 西村さんに言われて初めて気付く

そう言えば____知らない












角名:東京に引っ越した理由は知ってるけど……確かにこっちに戻って来た理由は言ってなかった……




美結:やっぱ角名くんにも話とらんのか〜









- 『 治くんも知らん言うてたんよ 』と言う西村さん

何だろう……すごくモヤモヤする

何でだ______?