無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

➮ 35




















侑 side







侑:かあさんただいまー!




母:おかえりー!おやつ置いてあるで!




治:なぁなぁ!もうひとりぶんあらへん!?




母:え?なんでや?









- 『 治食べすぎやから駄目やで 』と言う母さん









治:ちゃうねん!ともだちつれてきてん!




母:え?お友達?









- サムの言葉に目を向ける母さん

あなたの姿を見た瞬間

母さんは目を見開いて驚いた









あなた:な……なんばあなたです…!!









- 緊張しているんやと思う

ちょっとだけ震える声で言うあなた









母:お友達って……女の子…?




侑:せやで!きょうてんこうしてきてん!




治:うちであそんでええやろ!?









- 俺らの言葉に母さんは

『 もちろんやで 』と笑ってくれた





















侑:ここがおれたちのへや!




あなた:おっきいべっどだね…!




治:せや!おれたちふたりのべっどやねん!









- 俺たちの部屋を見て目をキラキラさせるあなた

すごく可愛ええと思った









母:あなたちゃんのおやつも置いとくで?









- 母さんがあなたの分のおやつも持ってきてくれた

今日は母さんが作った" レアチーズケーキ "や









あなた:あ,ありがとうございます…!!




母:あなたちゃんはお行儀がええ子やなぁ









- 『 この子らも見習って欲しいわ 』と笑う母さん









治:お!きょうは" れあちーずけーき "なんやな!




母:せやで




あなた:れあちーずけーき……?









- 名前を聞いたあなたは首を傾げていた









侑:あなたたべたことあらへんの!?




あなた:う,うん……




治:かあさんのつくったけーき,うまいからたべてみぃ!




あなた:え!?これ,おかあさんがつくったんですか!?









- これでもかってくらい驚くあなた

自慢やないけど俺らの母さんはお菓子作りが上手い









母:せやで!食べてみぃ!




あなた:い,いただきます……!









- パクッと一口食べるあなた









あなた:………!おいしい……!!




母:ほんまに?ありがとなぁ!









- 嬉しそうに笑う母親と幸せそうに食べるあなた

俺とサムも" いただきます "と手を合わせて食べ始める









あなた:おかあさん,けーきやさんなんですか…?




母:ちゃうで!ただの趣味で作っとるだけ!









- 『 あなたちゃんのお母さんも

お菓子作りとかせぇへんの? 』と聞く母さん




























あなた:……あたし……おかあさんいないの