無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

➮ 96




















美結:あなた,おはよ!




あなた:美結……おはよ( 微笑んで )




美結:……平気?




あなた:うん……平気だよ













- あの後全然眠れなかった

" 人を好きになる資格がない "

だからあたしは角名くんが好きであることを

どうしても認めたくなかった

いや____認めちゃいけなかったんだ












角名:おはよ




あなた:……!おはよ……!




角名:昨日平気だった?




あなた:へ………?




角名:体調。悪かったんでしょ?











- そうだ。あたし体調悪くて帰ったって嘘ついたんだ









あなた:う,うん………大丈夫だよ!




角名:そう?よかった










- 優しく微笑む君

でも今日は____胸が痛い










楓花:倫太郎くん!




角名:?楓花?どうしたの?




楓花:昨日クッキー作ったんだ!












- 『 よかったら食べて! 』と微笑む彼女

角名くんも嬉しそうに微笑みながら

『 ありがとう 』と受け取った













楓花:昨日めっちゃかっこよかった〜!




角名:ずっと言うね




楓花:ずっと言うよ!だってかっこよかったもん!









- そんな言葉を素直に言えるこの子が羨ましい

それに手作りクッキーなんて女子力

好きにならない男子がいる訳ないじゃん









あなた:御手洗……行ってくるね




美結:あ,うん。一人で平気?




あなた:平気だよ













- あたしは立ち上がった

でも____急に視界が揺れた











美結:………?あなた………?


















バタンッ
























- あたしは膝から崩れるように





























そのまま倒れてしまった