無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

➮ 69




















美結:あなたの部屋可愛ええなぁ!




あなた:そう?ありがとう!











- あの後あたしは角名くんに送って貰った

誰とも顔を合わせる気が無くてそのまま帰った

あれからあたしはずっと混乱したままだ

でも____美結には話さないとと思った









美結:私友達の家とか来るの初めてかもしれんわ!




あなた:え!?そうなの!?




美結:だって私中学ん時あんま友達おらんかったもん









- 笑いながら話す美結

いつも明るい美結は友達も多い

それは昔からだと思ってた









美結:私,高校デビューしたんよ




あなた:え……?




美結:私超人見知りでさ,あんま友達の輪とかに入るの好きやなかったんよね









- 『 意外やろ? 』と笑う美結









美結:でもやっぱ友達と楽しそうに過ごす皆が羨ましくてさ……自分を変えたい!って思ったんや




あなた:え………




美結:だから高校では絶対に自分を変えて,自分で楽しさを掴むんや!って高校デビューしたんよ




あなた:………!












- 自分が嫌で……努力をして自分を変えた美結

あたしは変わらなかったんじゃなくて

変えようとしなかったんだ

全てを過去のせいにして

____変わる努力をしなかった









美結:人って努力次第で結構変わるんやで?




あなた:え……?




美結:んで,あなたは私を変えるスタートになった子!




あなた:え………









- 『 高校デビューして初めて話し掛けたのが

あなただったからね 』と笑う美結









美結:…話したら何かを変えるスタートになるかもしれんよ




あなた:え……?




美結:せやから









- 『 あなたを変えるスタートは

私にしてみない? 』と美結は言った































美結は全てお見通しだった





























あたしはあったことを全て美結に打ち明けた