無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第121話

➮ 120




















角名 side






- 最近あなたの様子がおかしい

少し元気が無い気がするし会話も少ない

偶に痣を作ってくる事もあった

様子がおかしくなったのは間違いなく____

お兄さんがこっちに来てからだった









角名:あなた




あなた:……!角名くん……?




角名:大丈夫?










- 俺がそう聞くとあなたは明らかに驚いた顔をした









あなた:え………と……何が……?




角名:最近元気無いからさ。何かあったのかなって思って












- 彼女は少し言葉を詰まらせる

でも『 大丈夫だよ 』と微笑みながら返された

____絶対に何か隠している











角名:……あ,あのさ




あなた:………?




角名:あなた,25日って空いてる?




あなた:え………?









- 25日____クリスマスの日だ












あなた:う,うん。特に予定入れてないよ




角名:ほんと?じゃあさ,俺とイルミネーション見に行かない?









- 彼女は分かりやすいくらいに表情を明るくした

あなたがイルミネーションが好きってことは

西村さんとの会話で知っていたからね










あなた:い,行きたい……!!













- 彼女も" 行きたい "と言ってくれた

俺は嬉しくて頬が緩むのを抑えた













角名:ほんと?じゃあ約束ね




あなた:うん!楽しみにしてるね!


















- クリスマスの日に



















俺はあなたに気持ちを伝えるんだ