無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

➮ 49




















- あの後あたしは逃げるように美結と教室に行った

侑くんはずっと見ていた

美結も何が何だかわかっていなかった

再会してから侑くんと話した事はない

でも侑くんを見ると過去がフラッシュバックする

そして____急に来たあのLINE

初恋の相手は……あたしの中で1番怖かった









先生:ほな隣の人とプリント交換してくださいね〜









- 一限は英語

この授業はプリントを隣の席の人と交換して採点をする









角名:あなた,お願い




あなた:うん!お願いします!









- 何事も無かったかのように接する

相変わらず綺麗な字だなぁ……

丸つけが終わるとプリントをまた交換した









あなた:はい,角名くん!




角名:ありがと









- 微笑んでプリントを交換する彼

戻ってきたプリントの端っこに

" 大丈夫? "と書かれていた









あなた:………!









- ふと,角名くんを見た

すると角名くんは此方を見ていたので目が合った

あたしはその文字の隣に" 大丈夫だよ "と書いて渡した









角名:………









- 角名くんは一瞬こっちを見た

その後にまた何かを書いてあたしに手渡した

手渡されたプリントを見ると

" 侑と何かあったの? "と書かれていた









あなた:…………














- 角名くんを見ると角名くんも此方を見ていたので

あたしは無言で首を横に振った

過去は掘り出さない

あたしは心の扉を閉ざしたままなのだから___