無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第86話

➮ 85




















美結:あなた可愛ええ〜!!




あなた:そんなことないよ…!!




美結:いや,めっちゃ可愛ええ!!











- 文化祭当日,女子はメイド服に着替えた

美結は予告通り何故か勝手に写真大会を始める











あなた:美結撮りすぎ…!




美結:ええやんええやん!可愛ええのが悪い!









- 撮るのを辞めようとしない美結













角名:あ,着替え終わったんだ?




あなた:……角名くん…!










- 教室に入ってきた角名くん

男子は裏方か宣伝係だから制服のままだ










角名:似合ってるじゃん




あなた:え………?












- 『 可愛い 』と彼は微笑んでくれる

……嬉しい……











美結:せやろ!?可愛ええよなぁ!




角名:でも西村さんは撮りすぎ




美結:そないな事ないで!?











- 撮りすぎだと注意してくれる角名くん

もっと言ってやってくれ













角名:もう始まるから俺は今撮れないけど










- 『 後で撮らせてね? 』と笑う彼

その仕草と表情に思わずドキッとしてしまった












角名:じゃあ俺裏方だから行くね




あなた:う,うん!頑張ってね!












- あたしは角名くんを見送ろうとした

しかし角名くんは途中で立ち止まって振り向いた












角名:あなた




あなた:………?




角名:もし何かされたら呼んで









- それだけ言うと彼は裏方へ行ってしまった











美結:……顔真っ赤やで〜?




あなた:そ,そんなことないもん……!




美結:ッたく素直やないんやから〜!









- そう言って笑う美結

あたしは何が何だかよくわからぬまま

文化祭がスタートした