無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

➮ 38




















侑:あなた!かえろうやぁ!




あなた:うん!かえる!




治:きょう,かあさんがれあちーずけーきつくるいうてたで!




侑:あなたつれてこいいうてた!




あなた:ほんと?いきたい!









- それからも変わらず侑くん達と仲良く過ごした

侑くん達のお母さんからも優しくしてもらって

おやつを作る時には必ず家に呼んでくれる

お母さんがいない寂しさなんて消え掛けてた

でも

ある日,事件は起きた______

























女子:なぁなぁ!あなたってすきなひととかおらんの!?















- 仲の良い女の子が聞いてくる



















あなた:いるよ……!




女子:え!?ほんまに!?だれ!?あつむくん!?



















- 仲が良い事を知っているからであろう

その子は直ぐに侑くんの名前を出してきた



















あなた:うん,そうだよ…!



















- 『 あたし,あつむくんが好きなんだ…! 』

と割と静かな声で言ったつもりだった

____でも



















男子:え!?なんばさんってあつむのことがすきなん!?



















- 傍にいた男子に聞かれて大声で叫ばれた



















男子:みんなきいたかぁ!?なんばさんはあつむのことがすきなんやでー!!




男子:え,まじで!?




あなた:ちょ,やめて……!



















- 面白がって話す男子達

クラス全体がその話題になってしまった



















男子:あつむきいたかぁ!?



男子:なんばさん,おまえのことすきだってさぁ!



















- もちろん,その中には侑くんがいた




















男子:なかええもんなぁおまえら!




男子:おにあいやーん!




男子:ちゅーしちゃえよー!



















- 口々に言う男子達

その騒ぎは収まることを知らない































侑:は?だれがこんなぶすとちゅーなんてするか





























あなた:………え………?





























- 侑くんは確かにそう言った





























侑:おれがこんなぶす,すきなわけないやろ





























- ……あたしは言葉を失った