無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

➮ 56




















美結:ほなあなた!また連絡するわ!




あなた:うん!バイト頑張ってね!









- 明日から長い長い夏休み

夏休みはあたしにとってすごく嬉しい

男子を見て怖がる必要が無くなるから

嘘っぱちな告白も受けなくて済むから









角名:あなた




あなた:!なぁに?




角名:夏休みだね




あなた:そうだね!角名くんは部活?









- 『 うん,殆ど部活 』と笑う角名くん

此処は所謂強豪校らしいので

夏休みもほぼ毎日練習らしい









角名:は〜…夏休みの練習きっついんだよなぁ…




あなた:ただでさえ暑いのにね!




角名:そうそう









- 『 体育館に居るだけで暑いよ 』と笑う彼

男子との関わりがない夏休みは嬉しいはず

____でも



















あなた:でも角名くんに会えないのは寂しいな



















- 素直にそう思った

角名くんと居る時は楽しいし安心する

そんな角名くんと長期間会えなくなるのは

少しだけ寂しかった














角名:……毎日LINEしよ




あなた:え……?














- 黙るから変なこと言っちゃったかな?って思った

でも角名くんは毎日連絡をとりたいと言ってくれた



















角名:俺もあなたに会えないの寂しいから



















- 角名くんは優しい笑顔でそう言ってくれた

あたし______今どんな顔してる?









治:角名,部活行こうや




角名:うん,じゃああなた,またね




あなた:あ,うん!部活頑張ってね!































- 『 気ぃ付けて帰るんやで 』と


























治くんも手を振ってくれる































あたしは部活へ向かう2人を見送った





























______何であたし






























角名くんと話すとドキドキするの………?