無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第125話

➮ 124




















美結:冬休みやー!










- 今日は終業式。明日から冬休みだ












美結:あなたはまた初詣なぁ!




あなた:うん!楽しみにしてるね!




美結:クリスマス,楽しんでくるんやで?











- 美結はニヤニヤしながら小声でそう言ってくる











美結:ほな,良いお年を!












- バイトがある美結は今日は先に帰って行く













角名:今日は西村さんと一緒じゃないの?




あなた:あ,うん!バイトだって!




角名:そうなんだ




あなた:角名くんはこれから部活?











- 『 そうだよ 』と答える角名くんに

あたしは『 頑張ってね 』と笑う












角名:あ




あなた:?何?




角名:聞きたいことがあったんだけどさ













- 角名くんが思い出したかのようにそうやって言う




















角名:あなたはどうして東京から兵庫に戻って来たの?




あなた:え………?











- 確かにあたしが過去を話した時に

兵庫に戻って来た理由は誰にも言っていなかった

いや____言えなかった









あなた:あたしお母さんに嫌われててさ!




角名:え……そうなの?




あなた:そ!だから高校上がると同時にお父さんの所に戻ってきたんだ!












- 嘘は着いていない

ただ____細かい所は言っていない











角名:そうだったんだ……大変だったね




あなた:うん,でも今すごく楽しいから平気だよ!











- その言葉を聞いて角名くんは優しく微笑んだ












角名:クリスマス,楽しみにしてるから




あなた:……!うん……!!











- 『 じゃあ,またね 』と微笑みながら手を振る角名くん

あたしも____クリスマスが楽しみだった