無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

➮ 64




















角名:落ち着いた?










- 泣き出すあたしを

角名くんは人気の無い所に連れてきてくれた

普段男の人とこんな所に来たら怖いはずなのに

角名くんだから大丈夫だった









あなた:うん……ありがとう,ごめんね




角名:いいよ,気にしないで











- 優しく微笑んでくれる角名くん

そう言えば皆を置いてきてしまった

美結は大丈夫だろうか

美結はもう勘づいているはずだから

バレるのも時間の問題だと思った


















角名:………あのさ
















- 暫く続いた沈黙を破ったのは角名くん





























角名:………話したくないかもしれないんだけど
































俺,あなたと侑に昔何があったのか知りたい





























- 誰にも言うつもりは無かった

話す事によって思い出すのが怖かった

自分一人で抱えていけば誰にも迷惑掛けないから

話したところで__何も変わらないと思ったから
































角名:お節介かもしれないけど






























俺,あなたの力になりたいんだ






























- 期待もしていなかった未来

でもあたし___角名くんになら話せる気がする































あなた:______あのね


































- あたしは全てを角名くんに話した