無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

➮ 1






























「 やーい!ぶーす! 」










『 やめて…!かえして…! 』










「 かえしてほしかったらとってみぃや! 」










『 おねがい…もうやめてっ……! 』










「 なくん?なくんか?なきむしー! 」










『 っ……うぅ…… 』










「 おまえみたいなぶすがひとをすきになるなや! 」





































- この頃からあたしは

































男の人が怖かった

































自分に自信なんて持てなくなった







































それと同時に



































人を好きになることが怖くなった




































男の人から







































________好かれることも怖くなった