無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

➮ 61




















あなた:………え………?









- あたしは怖いというよりも驚いていた

だって" あの "侑くんが

一緒に回ろうって______










侑:………皆で




あなた:へ……?




侑:……みんなで回ろうや









- 固まるあたしを見ると

侑くんは" 皆で "と言った









美結:ええやん!一緒に回ろうや!




あなた:え……!?









- 『 何処行こかぁ! 』とノリノリの美結

あ……そう言えば双子のファンだもんね美結……









角名:……いつまで手握ってるわけ?









- 忘れていた握られた手

しかしそれは侑くんからでは無く

角名くんによって解放された









侑:………




あなた:………?









- 侑くんが物凄く怖い顔で角名くんを見ている

この二人……仲悪いのかな………?









治:二人は放っておいて行こうや









- 『 まだ何も買っとらんのやろ? 』と言う治くん

そうだ,お祭りに来たんだもん……何か食べたい









あなた:あたしたこ焼き食べたい!




角名:たこ焼きならさっきあっちにあったよ




あなた:ほんとに!?




角名:うん。行く?









- 差し出された手

あたしは握っていいのか戸惑った









角名:はぐれたらあれでしょ?









- 『 あなた,この祭り初めてだろうし 』と言う角名くん

心配してくれているんだ

やっぱり優しい









あなた:……じゃあ……お言葉に甘えて……









- あたしは角名くんの手を握ろうとした




























侑:駄目や





























- 侑くんがそう言った




























侑:" ぶす "の手なんて誰も握りとぉ無いやろ





























- そうだ































あたしはぶすなんだ





























甘えちゃ駄目なんだ






























角名:何言ってんの?





























- 角名くんが繋ごうとしかけたあたしの手を握る































角名:あなたはブスなんかじゃない