無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

➮ 81




















文化祭委員:ほな1組はこれで行くでー!!









- 黒板に大きく書かれた

『 メイド喫茶 』の文字

文化祭の出し物が決まったのだ









美結:あなたのメイド服超楽しみなんやけど!




あなた:え!?なんでよ!!




美結:絶対似合うもん!!









- 『 写真撮りまくるわ! 』と笑う美結









角名:俺も楽しみ




あなた:え…!?











- 隣の席の彼が突然声を出す










角名:あなたのメイド服,俺も楽しみ




あなた:す,角名くんまで……!!




美結:よなぁ!?当日はあなたの撮影会やな!









- 『 俺も参加していい感じ? 』と笑う角名くん

美結に言われて思い浮かんだ彼の顔

あたしは……角名くんが好き……?

でも……角名くんには好きな人がいる……













美結:あなた?




あなた:………




美結:あなた!!!!




あなた:………え!?












- 『 ボーッとしてどうしたん? 』と言う美結

何回も名前を呼んでいたらしい









あなた:ごめん,何でもないよ!




美結:そう?ならええけど










- 美結に相談したい気持ちはあるけど……

____まだ自分の気持ちがわからない









文化祭委員:んで,買い出し行ってくれる人おらん?




クラスメイト:えーめんどくせぇ!




クラスメイト:俺部活やしなぁ




クラスメイト:私もー










- 買い出しはどうやら放課後に行くらしい

あたしは帰宅部で特に予定も無い












あなた:あ,じゃああたし行くよ!




文化祭委員:え,ほんまに!?




あなた:うん,部活もやってないし!




文化祭委員:助かるわぁ!











- 『 ほな,頼むなぁ! 』と文化祭委員に言われる

買い物は別に嫌いじゃないし苦ではない

そう思っていると____




















角名:俺も行く






















- 隣から『 俺も行く 』と言ったのは角名くんだった