無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

➮ 14




















美結:あと少しで着くらしいで!




治:意外と距離あるなぁ




あなた:しっかりしてよ運動部!( 笑 )




治:着物歩きにくいねん









- 着物に着替えたあたし達は

食べ歩きの出来る所まで移動中

角名くんがさっきから黙りっぱなしだけど

どうしたんだろう?









あなた:……角名くん!




角名:……え!?









- そ,そんなに驚く…?

びっくりさせちゃったかな…?









角名:ごめん,ちょっと考え事してた




あなた:考え事……?









- 何だろう…?

何でこんなに気になるかはわからないけど

何か気になる……









角名:それよりさ




あなた:ん?





























角名:着物,すごく似合ってるね





























- 角名くんがあまりにも優しい笑顔でそう言うから

一瞬胸がキュッてなったよ……?

何……これ……でも……









あなた:本当に!?嬉しい…ありがとう…!









- 治くんに言われるよりも

嬉しかった









あなた:角名くんもすごく似合ってるよ!




角名:え?ほんとに?




あなた:うん!かっこいい……!




角名:え………









- 驚いた顔の角名くん

え,あたし今なんて言った…?

かっこいいって……言った……?









あなた:あ……!えと……その……




角名:……難波さんにそう言って貰えると思わなかった




あなた:……え……?









- 『 ありがとう 』と優しく微笑む角名くん

この優しい笑顔が好き

男の子のはずなのに

一緒にいてすごく安心する……









角名:じゃあ約束通り写真撮ろ









- 手馴れた手つきでスマホを出す角名くん

彼女とかとよく撮るのかな……?

すごく慣れてる









あなた:写真写り悪いんだよな〜……









- あたしは角名くんが構えたスマホの画面で

前髪を整える









角名:大丈夫だよ



























難波さんは何してても可愛いから


























あなた:………え………?




角名:ほら撮るよ。はい,チーズ






カシャッ






角名:ほら,可愛いじゃん



























- 撮った写真を見ながら笑う角名くん



























何であたし




























こんなに顔が熱いのかな……?