無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

➮ 58




















角名 side






治:疲れた………腹減った




角名:さっき食べたばっかでしょ









- 俺達は今,遠征の合宿中

今は練習を終えて夕飯も食べて

お風呂も上がって部屋で休んでいる









治:食っても時間が経てば腹は減る




銀島:いやそうやけどお前の場合間隔短すぎやねん









- 合宿の練習は大分キツかった

____でも













難波
難波
お疲れ様!
ひと段落ついたところかな…?










- 何だかんだ合宿中も毎日連絡を取り合っている

勿論普段に比べて頻度は少ないけど

それでも好きな子と連絡を取り合える時間は

疲れを吹き飛ばすことが出来た










角名
角名
終わったよ
今お風呂上がりなんだけど
治がまた腹減ったって言ってて困ってる
難波
難波
え!?夕飯食べたよね!?
治くん用に夜食作ってもらったら?笑
特大のおにぎりとか!!🍙













- あなたの返信に思わず笑ってしまう









治:角名,何笑っとるん?









- 話題になっている本人が俺に気付いた









角名:何でもないよ?




治:何でもないのに笑ったん?




角名:そう









- 本人に言ったら本当にやりそうだから

敢えて話さないでおこう









銀島:てか角名,お風呂上がりから寝るまでの間ずっと携帯触っとるよな









- 『 誰かと連絡取り合ってるん? 』と聞く銀

銀にしては勘が鋭いね









角名:うん,そうだよ




銀島:え!?誰や?誰と連絡取り合ってるん!?女子?









- 興味津々で聞いてくる銀









角名:女の子だよ









- 普通に答える

銀は『 角名が連絡取り合う女子? 』と考える

____治は勘づいたように俺を見た









角名:俺,あなた以外の女子の連絡先知らないよ









- そう言った瞬間,銀は驚いた顔をした

勘づいていた治も驚いた顔をしていた

そして1番凄かったのは____



























侑:………お前………毎日あなたと連絡取り合ってるんか?






























- 怖い顔をした侑だった