無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

➮ 71




















あなた:おはよう!!




女子:あ,あなたおはよー!




女子:元気やった!?




あなた:元気元気!









- 長い長い夏休みが終わった

変わろうと思った自分

勿論変われるかなんてまだ分からないけど

前を向けたのは確かだった










美結:おはよ〜……




あなた:おはよう美結!




女子:眠そうやなぁ( 笑 )




美結:課題終わらなくてなぁ!









- 笑いながらそう言う美結

それは自分を変えたから

それが知れて良かった











治:おはよ




あなた:あ,治くんおはよう!




女子:きゃー!治くん!




女子:おはよう!!










- 治くんが教室に入るなり女子は騒ぐ

相変わらず人気だなぁ












角名:おはよ









- 治くんの後ろから彼が入ってくる











あなた:おはよう…!




角名:やっと夏休み終わったね




あなた:そうだね!









- 『 やっと毎日あなたに会えるや 』

彼は微笑みながらそうやって言った










あなた:あたしも会いたかったよ!




角名:ほんと?嬉しいや









- 彼は微笑みながら自分の席に座った










女子:なぁなぁ!あなたと角名くんってやっぱ付き合っとるん!?




あなた:え?違うよ…?




女子:違うん!?









- 『 ええ感じやったやん! 』と言う女子達

何年も恋愛から背を向けてきたあたしには

何が" 良い感じ "なのかもよくわからなかった









あなた:そうかな?




女子:そうそう!




女子:だって普通" 会いたかった "," 私もだよ! "なんて会話せぇへんで!?









- 『 カップルかと思ったわ! 』と言う女子達











あなた:?でも会いたかったのは本当の事だよ?










- 毎日連絡は取り合っていたけど

会いたかったのは本当の事だった

何故か美結はニヤニヤしていた












美結:それよりアンタ,好きな人と進展あったん?




女子:無かったわ〜…そっちは?




女子:私はお祭り一緒に行ったんだ…!




女子:え!ええなぁ!









- 恋愛から背を向けていた分あまり興味も無かった

みんな………恋をしていたんだな

そう言えば角名くん

" 好きな人がいる "って言ってたよね…?

何か進展とかあったのかな……?

そう考えると何故か胸が痛くなった