無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

➮ 28




















美結:あなたおはよー!




あなた:美結!!おはよ!!




美結:昨日角名とケーキ屋行ったんやろ〜?




あなた:え,う,うん………









- 朝真っ先にその話

ずっと気になってたみたい









美結:どうだったん?




あなた:楽しかったよ?




美結:それだけ!?









- 嘘はついてない。楽しかった。

それ以上にどんな言葉を求めてるの?









女子:てか最近あなた,角名と仲ええよなぁ!









- 『 付き合ってるん? 』って聞いてくる女子達









女子:あなたにもとうとう彼氏かぁ!




女子:可愛ええから勿体無い思ってたんよ!









- 口々に話し始める女子達









美結:ちょ,勝手に……!





























あなた:違うよ

























- 勝手に動く唇


























女子:え?





























あなた:あたしと角名くんはそんなんじゃないよ






























女子:そうなん?付き合ってるんかと思ったわ!




女子:でも角名は多分あなたの事好きよな?









- そんな勝手なこと言わないで

そんな噂広まって困るのは角名くんだよ

勿論,あたしも困る









あなた:違うよ




女子:え?




あなた:角名くんは……いい人ぶってるだけ




女子:え…?



















- 溢れる思いが言葉に出てきてしまう































あなた:多分,からかって楽しんでるだけだと思う



























- こんなこと思いたくもない






























本当はあたしだってそんな事ないって思いたい






























でもそう考えてしまう


























この言葉を発した時に角名くんが教室に入って来たなんて






























気付かなかった