無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

➮ 3




















- 班決めの時間











里奈:よろしくなぁ!




あなた:よろしくー!




美結:あとは男子やな!




あなた:美結,なりたい人いるの?




美結:当たり前やろ!










- 美結はあたしの隣で固まってる

3人の男子の方を見た









美結:宮くん達!




治:?なんや?




美結:女子メンツ決まっとる?




治:いや?まだやで




美結:!ほんまに!?私達と組まん!?




治:?俺は別に構わんけど




角名:俺も別にいいよ




優太:俺もー!









- なるほど

治くんとなりたかったのね

治くんと……誰だっけ?

男子とあまり接しないあたしは

男子の名前なんて殆ど知らなかった










美結:よし!じゃあ決定ね!いいよね!?




里奈:宮くんおるとか嬉しいわぁ!




あなた:あたしは別に誰でもいいよ!




治:お,あなたも一緒なん




あなた:うん,よろしくー!




治:よろしゅう




角名:………









- ?黒髪の人がこっちを見てる

何だろう?

あたし何か変なこと言ったかな?

必要以上に見られてる気がするのも

必要以上に被害妄想をしてしまうのも

全部恐怖症のせい