無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

➮ 75




















皆:1組ファイトーっ!!




皆:頑張れー!!!!












- クラス対抗リレーが始まった

クラス対抗と言えど……











あなた:緊張する……!




美結:あなた緊張するん?




あなた:するよ!!











- だって自分のせいで負けたらとか考えると

____怖い











角名:そんな緊張しなくていいよ




あなた:え?




角名:だってアンカー治だよ?




あなた:…あ……!











- 『 だから気楽に走って俺にバトン回して 』

と微笑む角名くんのおかげであたしの緊張は解れた











侑:負けへんからなぁ




治:ツムには負けへん




侑:俺もサムには負けとぉないわ









- 双子がバチバチしている

2組のアンカーは侑くんらしい

応援席の女子の声が

………" 凄い "を通り越してもはや" 怖い "


















パァン!









- スタートをした瞬間スタート走者は走り出す

応援席も応援で盛り上がる













美結:あなたッ!




あなた:はい!










- 美結はあたしにバトンを繋いだ

1位は2組で1組は今4位

あたしは必死に走って2人を抜かし

前にいるのは2組の女子だけになった












クラスメイト:難波さんはえー!!




クラスメイト:あなた頑張れ!もう少し!!











- もう少しで抜かせる

あたしは2組の子の隣に並んだ

次の角名くんまであと少し

あたしは最後の力を振り絞ろうとした

______その時だった



















ガンッ




















- 足首に来た鈍い痛み

同時に倒れるあたしの身体

あたしは____2組の女子に足首を蹴られた





















角名:ッ!!




美結:あなた!!!!!




















- 立ち上がらなきゃ,走らなきゃ

そう思うけど足が動かない

後ろを走っていた生徒にどんどん抜かされる

あたしのせいで負けるんだ____




















角名:あなた!!!!!!




















- ほんの数m先にいる角名くんが声を上げた

………そうだ

あたし____角名くんにバトンを繋がないと






















あなた:ッ……










- 痛む足に顔を顰めてあたしは立ち上がった

足を引き摺りながらあたしは角名くんにバトンを繋ぐ






















角名:よく頑張ったね



















- 『 後は" 俺ら "に任せて 』と微笑む角名くんは

直ぐに走り出した












放送:おっと1組!!巻き返すように走り出したー!!




クラスメイト:角名!!頑張れ!!




クラスメイト:抜かせ抜かせー!!!!










- あっという間にあたしが抜かされた半分を抜いた










治:角名!!




角名:頼んだよ!!









- 角名くんはアンカーの治くんにバトンを繋ぐ












放送:さぁ1組のアンカーは宮治!!次々に抜かしていく!!











- 治くんもあたしが抜かされた分を全部抜かし

前にいるのは後____侑くんだけになった




















パァン!

パァン!






















放送:僅差でゴール!!優勝したのは………
























2組だああー!!!!!!!!






















- 僅差で負けてしまった

あたしのせいだ

あたしが____転んだから

どうしよう

どうしよう

みんなに……何て言えばいい……?
















角名:あなた





















- 角名くんはあたしの所に来た

あたしは顔を合わせられなかった

あたしが俯いていると……急に身体が宙に浮いた


















角名:よく頑張ったじゃん






















- 『 保健室行くよ 』と微笑むのは

あたしを抱き上げた角名くん

あたしは彼の胸元で____泣いてしまった