無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第120話

➮ 119




















美結:え!?お兄さんが!?




あなた:う,うん……こっちの大学受験するらしくてお父さんの家に来たみたい………










- 元々兄は母親と東京に居た

あたしは" とある理由 "で

高校に上がる時に兵庫に戻って来た

兄は留年していて今はバイト暮らし

兵庫の大学を受験するとの事でこっちに来たらしい










美結:えーええなぁお兄さん!










- 『 会ってみたい! 』と笑う美結











あなた:だ,駄目ッ………!!!!











- あたしは思わず声を上げてしまった

周りにいた皆は驚いた顔をしている













あなた:ッ………そんなかっこよくも無いし……美結きっとがっかりするよ?




美結:えー?あなたのお兄さんなら絶対イケメンやと思うんやけどなぁ













- 嘘。お兄ちゃんは多分イケメン部類だと思う

でもどうしても____会わせられない理由があった












角名:…………
































あなた:ただいま………




兄:おせーんだよ




あなた:ッ………!




兄:何してたんだよ?




あなた:何って……学校行って普通に帰ってきたんだよ……?












- 帰ってくるなり兄に怒られる









兄:とか言って男と遊んでたんだろ?




あなた:そ,そんな訳ない…!!




兄:嘘だね










- 兄は1枚の写真を取り出した

それは____あたしの部屋に飾ってあった

京都遠足の班の集合写真だった

















兄:んで?どれがお前の男?




あなた:ち,ちがッ……!




兄:じゃあ何?好きな人?










- 『 男に興味あったの? 』と笑う兄










あなた:ッ返して!!!!















- あたしは無理やり写真を奪い返す






















兄:へぇ………?




あなた:ッ………!




兄:お兄様に逆らうんだ?


















- 兄はあたしをソファに押し倒す























兄:たっぷりお仕置してやんねぇとなぁ…?



















- そう不敵に笑う兄



















あなた:いや……やめてッ……いやぁ…!!!!




















- あたしの叫び声は____誰にも届かない



















✁┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

たくさんのコメントありがとうございました!
圧倒的白布でびっくり……笑笑
誰の作品を書くのか……お楽しみに⸜(๑⃙⃘'ᗜ'๑⃙⃘)⸝