無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

➮ 21




















角名 side






- 『 侑とも同じ小学校ってことだよね? 』

そう聞いた瞬間

あなたはお金を落とした









あなた:あ,ご,ごめん…!!!!









- 急いでお金を拾うあなた

俺の足元にも転がってきたから拾って手渡す

『 ありがとう 』って微笑む顔

やっぱり可愛い









あなた:えーっと…侑くん?だよね?









- 拾ったお金を今度はちゃんと投入口に入れて

ちゃんと質問を掘り返してくれる









あなた:うん,同じ小学校だったよ






























- 笑いながらそう答えるあなた





























でもその笑顔は





























少しだけ悲しそうに見えた