無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

➮ 29




















角名 side






銀島:角名あああああ!!




角名:ちょ,何…!









- 朝から会うなり飛びついてくる銀

俺そんな趣味ないんだけど









銀島:どうやったん!?




角名:?どうって?




銀島:惚けんなや!









- 『 難波さんと昨日どうだったん!? 』と

興味津々に聞いてくる銀

それが気になってたのか









角名:どうって……楽しかったよ?




銀島:それだけかいな!?









- 楽しかったのは事実だし

それ以上何の答えが欲しいのさ









銀島:ええなぁ,難波さんとデート…俺も行きたい!




角名:銀には無理だろうね




銀島:何でやねん!!




角名:だって下心丸出しだもん









- きっと外見だけで近寄ってくる男ばっかだから

あなたも男と関わりたくないんだと思う









銀島:はぁ?じゃあお前には下心あらへんの?









- 勿論ある

だって好きな子だしね









銀島:でも角名なら難波さんと付き合えるんやない?




角名:え?




銀島:それだけ仲良かったら告白しても振られなそうやない!?









- そうだったら嬉しい

告白して相手にされる対象に入ってるなら……嬉しい









銀島:告っちゃえば?




角名:まだ早いでしょ




銀島:何でや!絶対上手くいくって!なぁ,治と侑もそう思うやろ!?









- 今日は珍しく遅刻してない2人

静かに話聞きながら準備するから

居ることすっかり忘れてた









侑:………









- まぁ当然,侑は無言だよね









治:え……?あ……うーん………









- 珍しく口篭る治









銀島:?何や?やっぱ角名じゃ無理なん?









- 角名じゃ無理なのとか勝手に聞くなし









治:いや,角名がどうとかやなくて………






























多分あなたは無理やと思う



























- 確かにそう言った治

…どういう事?









銀島:何やねんそれ!どういうことや?




治:俺はこれ以上言えへん









- そう言えば先に部室を出て体育館に向かった

居たはずの侑もいつの間にか居なくなってる













































治:角名行こうや




角名:うん









- 朝練が終わって治と教室に向かう

治もこれ以上言えないって言ってたし

あの話題は何となく出せなかった









角名:はよー









- 俺は教室に入った

何だかあなたの机の周りに群がりが出来てる




























あなた:角名くんはからかって楽しんでるだけだと思う



























- 俺の好きな子は確かにそう言った



























……何で?


























何でそんなこと……言うの?