無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第103話

➮ 102




















美結:ほなあなた,また明日なぁ!




あなた:うん!ばいばい!












- あれからいつもの日常生活を送っていた

変わってしまったことと言えば

角名くんと全く話さなくなったこと

そしてLINEもしなくなったこと

寂しかった。悲しかった。

でも____これでいいんだ























ポツ……ポツ……ポツ………













あなた:………雨………?










- 雨が降り出した

あたしは空を見上げると

直ぐにザァァァッと土砂降りになった



















あなた:………変われなかったみたい……













- 変わろうと思った

変われると思う希望を見つけた

でも____変わることは許されなかった






















あなた:ッぅ…………
































- あたしは雨空の下で泣いた






























振り落ちる雨と涙が混ざりあった