無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

無敵コンビと言ったら……!
ーーーーーーさとみくん達と合流ーーーーーーーーーー
さとみ
あ、なーくん!ここに泊まることにしたぜ!
なーくん
あ、ありがとう……。
ころん
あれ?莉犬くんは?
ジェル
……悪い……目離した隙にはぐれて
もうてん……。
さところ
さところ
?!
ころん
そんな!早く助けに行かないと!!
るぅと
……でも、もしかしたら、
莉犬も上手く逃げれてるかも知れませんよ?
ころん
え?
なーくん
その可能性もある。俺達も、こんな夜遅くに
外に行くとアイツらに狙われるかも
しれないし……。
ころん
で、でもっ、もし捕まってたらどうするの?!
ころん
僕みたいに酷い目にあってるかも
しれないじゃん!!
さとみ
ころん……。
ころん
それでも、みんな助けに行かないの?



みんな「……………………。」
ころん
もういい……僕が行ってくる。
ころん
ダッダッダーーーーーー
さとみ
あ、待てよころん!


さとみくんもころちゃんの後を追いかけて行った。
ジェル
……まぁこんな感じで、俺らは仲間を見捨てる
酷い奴みたいになってるけど……
ジェル
なんか手があるんやろ?なーくん。
なーくん
……
なーくん
……ニヤリ
るぅと
わぁ、悪い顔www
なーくん
ジェルくんるぅとくん、着いて来て。
ジェル
了解!
るぅと
了解です!


こんな事で俺達が引き下がる訳ないだろ?




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ころん
ハァハァ……莉犬くんどこだろう……。
さとみ
おいっころん!
ころん
あ、さとみくん……来てたんだ。
さとみ
勝手に行くなよ。
ころん
早く助けないと……。
ころん
ねぇ、さとみくん……。
さとみ
ん?
ころん
ほんとにあんな人達に着いて行くの?
さとみ
……あんな人達って、なーくん達の事?
ころん
だって仲間より自分達の心配してたし……。
さとみ
……。
さとみ
まぁ……多分ころんもすぐ分かると思う。
ころん
へ?
さとみ
それより、莉犬くん探しに行くんだろ?
俺も一緒に行くから。
ころん
うん!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
莉犬
オラァ!!

ヤクザA「グハッ!!」
莉犬
もういっちょうぅぅ!!!


ヤクザB「ぐぁぁぁぁぁ!!!」
莉犬
へ、チョロいチョロい♪


ヤクザA「……それはどうかな……?」
莉犬
は?


ヤクザC「オラァ!」
莉犬
っ?!


ヤクザD「今度は俺達が相手だぜ?」

ヤクザE、F、G、H、I、J、K、L・・・・・・
莉犬
(ちくしょう……仲間を呼びやがった……)
莉犬
ダッダッダーーーーーー(走り出す)


ヤクザC「待てぇぇぇぇ!!」
莉犬
(とりあえずここは逃げるぜ⭐)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
莉犬
ハァハァ……この工場に逃げ込もう……。



莉犬くんは下水工場に逃げ込んだ。
莉犬
あー、疲れた……ジェル達どこ行ったんだろ?


ヤクザC「……ごにょごにょ
莉犬
やっべ、もう来てる……!



ヤクザD「後ろだよ?」
莉犬
なっ!!


ヤクザD「おらァァァ!!!!」
莉犬
グハッ!?


ヤクザD「ちょこまかと逃げやがって……。」


ヤクザC「ほら、仲間の居場所を教えろ。」
莉犬
だ……誰がお前らなんかに言うかよ……w


ヤクザC「ふ〜ん。これを見てもそんな事が言えるかな?」
莉犬
莉犬
ピストル……。


ヤクザC「早く言わないと、君の頭が吹っ飛ぶよ?」
莉犬
……どうせ全員殺す気だろ……。


ヤクザD「他の仲間の居場所を言ったら、君だけは助けてあげるよ?」
莉犬
……。

ヤクザC「早く言えよ。」
莉犬
……クク
莉犬
……クククwあっはっはっはwww


ヤクザC「何笑ってやがる!」
莉犬
いいよ教えてやるよ……。













































……
莉犬
後ろだよ♪
さところ
さところ
オラァァァァァァァァァァァァァ!!!!

ヤクザ達「ぎやぁぁぁぁぁぁ!!!」



















……
さところ
さところ
無敵の最強コンビ参上っ!!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー