無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

勝負 🧡VS💜

ーーーーーー放課後ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おぉ、逃げへんかったんやなwww
なーくん
まさか、そんな事するわけないじゃんw
モブ
めっちゃ余裕ぶっこいてっけど、後で
後悔しても知らねぇーぞ?
なーくん
心配ありがとう♪
モブ
チッ……。
なーくん
ていうか、まずお前誰なんだよ?
お前とは失礼やなw
まぁ、ええわ。俺の名前は……。
ジェル
"ジェル"や。よろしくな。
モブ2
ジェルさん。
まずは俺から行ってもいいっすか?
ジェル
ええんちゃう?
モブ2
よっし!
なーくん
いいよ?どっからでもかかって来なよ?
モブ2
ぶっ飛ばしてやるよ!!
モブ2
ブンッ!(右拳を振る)
なーくん
おっと。(軽々しく避ける)
なーくん
オラッ!!(膝蹴り)
モブ2
うがァ!!
(バタン)
なーくん
あれ、弱っwww
ジェル
ほう……。
モブ3
次は俺だ!!
モブ3
あああああ!!!(殴り込む)
なーくん
いや、動きが丸見えだよ?www
なーくん
ドンッ!!(回し蹴り)
モブ3
ぐっ!!
(バタン)
なーくん
あらぁ〜、随分と弱い方々ですね?www
ジェル
あははははwww
お前おもろいなぁ。コイツらそこそこ
強いで?www
なーくん
まじで?
なーくん
てか、早くここのてっぺんとやらせてよ?
モブ
ここのてっぺんはジェルさんなんだよ!!
そう簡単に出させねぇよ!!
なーくん
あ、君だったんだ。
まぁ薄々は気づいてたけど。
ジェル
そそ。じゃあモブくんいっちゃってー。
モブ
了解です!!
モブ
行くぜぇ!!
オラァ!!
なーくん
だから動きが丸見え……
モブ
ニタァ……ドゴッ!(右アッパー)
なーくん
う!
なーくん
やったな……?
モブ
ヒ……!
ジェル
おっと〜ちょっと待ったぁ〜。
なーくん
は?
ジェル
こいつそんな強ないねんwww
今のもたまたまやからwww
ジェル
だから……
今度は俺と勝負しよう。
なーくん
ははwいいよ。やっとボスの登場かw



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジェル
じゃあ俺から行くで?
なーくん
いいよ。
ジェル
(ヒュンッ!!)
なーくん
?!


動きが速い!!
ジェル
バシッ!!(膝蹴り)
なーくん
うっ!!


それにパワーが半端ない……。
ジェル
ドコッ!!(右パンチ)
なーくん
ぐはぁ!!
ジェル
ドカッ!!(回し蹴り)
なーくん
ガッ!??



バタンッ……
ジェル
あれ?もう終わりか?
なーくん
くっ、、、


こいつ、強い……。
なーくん
オラァ!!!!(腹蹴り)
ジェル
う?!
なーくん
まだまだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
ジェル
おらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!





俺達は何度も何度も殴り合った。







口や鼻から血が出ている。







でも、そんなの気にならない。








こんなにボロボロになってるのに……







なんか…………楽しい……!
なーくん
ハァハァ……。
ジェル
くっ……ハァハァ……早く倒れろよ……。
なーくん
お前こそ……。
ジェル
ハァハァ……行くぞ……ななもり!!!
なーくん
来い!!ジェル!!!
ジェル
あああああああああ!!!
なーくん
おらぁぁぁぁぁぁ!



「ドカッッ!!」






鈍い音が放課後の裏庭に響きわたった。


それと同時に、頬に激痛が走る……。
ななジェル
ななジェル
バタンッ



2人同時にその場に倒れ込んだ……。
ジェル
ハァハァ……いってぇなぁ……。
なーくん
w絶対アバラ折れたわwww
ジェル
俺なんか絶対顎折れてるwww
なーくん
……ぷっ……。
ななジェル
ななジェル
あっはっはっはっはっwwwwww





俺達は笑っていた。



さっきまで殴り合っていたのが嘘みたいだ。



コイツとは気が合うのかもしれない。
ジェル
なぁ、"なーくん"。ラーメン食いに行こーぜ。
なーくん
いいよ。"ジェルくん"の奢りね?
ジェル
なんでやねんwww
なーくん
wwwwww
ジェル
ほら、はよ立てや!
ジェル
スッ



ジェルくんは俺に手を差し伸べてきた。
なーくん
サンキュ!
ななジェル
ななジェル
パシッ!!





俺達は固い握手を交わした。
なーくん
じゃあ今日から俺がてっぺんね?
ジェル
はぁ?俺"たち"やろ??



2人ってなんだよwww


まぁ、いいか!
なーくん
俺たちな!!
ジェル
おう!!












その後俺たちはラーメンを10杯食べて帰ったwww



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー