無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

連れて行かれた……?



チュンチュン
なーくん
ん……もう朝か……。



ガチャ
なーくん
あ、父さんおはよう。
なーくん"父"
おお、ななもり、おはよう……。
なーくん
もしかして、徹夜?
なーくん"父"
ああ。もう少しであのヤクザグループの
情報が掴めそうでな……。
なーくん
ほんと?!
なーくん"父"
ああ。だから、とりあえずななもりは
ちゃんと学校に行きなさい。
なーくん
分かりました!!
なーくん"父"
……息子よ……。
なーくん
……はい?





父さんはいつもより低い声だった。
なーくん"父"
……いや、、、なんでもない。
気を付けて行くんだよ。
なーくん
はい……。
なーくん"父"
……ニコ
なーくん
行ってきますニコ


ガチャ
なーくん"父"
……大きくなったな……ポロ







ーーーーーーーーーー学校ーーーーーーーーーーーーーー
なーくん
あ、ジェルくんおはよう!
ジェル
おはよう☀なーくん!
ジェル
なぁ今日の昼飯ラーメン屋行こうや!
なーくん
もう、お昼の話ししてるしwww
まだ学校来たばっかりだよ?www
ジェル
ええやん!喧嘩した後はラーメンが
食いたいねん!!
なーくん
え、喧嘩してきたの?
ジェル
して来たwww
なーくん
朝っぱらから何やってんだよwww
モブ
ジェルさん!!ななもりさん!!
ジェル
おお、モブやんけ。どうした。
モブ
昨日、紅南の奴らはどうなりましたか?
ジェル
ああ。まぁなんか片付いたから、
青頭とピンク頭の奴には
絶対手出すなって全員に伝えとけ。
モブ
分かりました!!
なーくん
ジェルくんあの2人の事よっぽど
気に入ってんだね?
ジェル
まぁーな。俺は強い奴は好きやからな。
ジェル
それにちょっとアイツらに興味が
あったから……。
なーくん
確かに。気になるよね。





キーンコーンカーンコーン


そして、授業が始まった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なーくん
(はぁ、暇だな……)



社会の授業は勝手に先生が喋ってるだけで、

誰も聞いてなんかいない。


俺は運良く窓際の席で、ずっと外を見つめていた。


外にはグラウンドが広がっていて、校門がある。
なーくん
……ん?



何やら、校門に人が集まっている……。


うちの学校の先生達がたくさんいるな……。
なーくん
ん?!
なーくん
ガタッ!!



俺は思わず立ち上がった。
先生
先生
どうしたんだ。ななもり、授業中だぞ?
ジェル
どうしたんやなーくん?
なーくん
ジェルくんあれ!
ジェル
おう?
ジェル
な?!さとみ?!



そう、そこには先生達に囲まれたピンク色の頭をした


さとみが居た。
なーくん
ジェルくん行こう!
ジェル
分かっとる!
先生
先生
お、おい!
ジェル
ギロッ
先生
先生
ビクッ!す、すみません……。
ななジェル
ななジェル
ダッダッダッーーーーーーーー






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なーくん
さとみ!
さとみ
あ……。
ジェル
どないしたんや……。
先生A
お前ら、授業中だろう!帰りなさい!!
なーくん
あ?
先生A
ひっ!
先生B
先生、この2人に口答えしたら
ダメですよ。
先生A
分かった……後は任せたぞ。


ゾロゾロゾローーーーーー(先生達が帰る)
なーくん
どうしたさとみ。お前からこっちに
来るなんて……。
さとみ
ころんが……
ジェル
あいつがどうしたんや……?
さとみ
……っ!!
さとみ
ガクッ
なーくん
うおっ……。


さとみが膝から崩れ落ちた。


































































……
さとみ
ころんが"連れて行かれた"……。
なーくん
?!
ジェル
?!




連れて行かれた?





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー