無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

新たな仲間💖💙
莉犬
ちょ、ジェル肩貸すよ?
ジェル
あー、悪い……まだ電気が走っててな。
るぅと
大丈夫ですか?
ジェル
大丈夫やでwww
ジェル
莉犬……。
莉犬
ん?なに?
ジェル
身長低いわ……。
莉犬
あ"?!低くて悪かったな!!💢
莉犬
ドンッ!(腹パン)
ジェル
痛っでっ!!!お前それはないやろ!!
莉犬
ジェルが悪いんですーだ!
ジェル
この野郎!!!
莉犬
わーいwww
るぅと
wwwwww
なーくん
wwwwww


その様子を俺とさとみは後ろから見ていた。
さとみ
なぁ……。
なーくん
ん?
さとみ
そろそろ気付こうよって
どういう意味だったんだ?
なーくん
あー……。
なーくん
ころんが起きた時、怪我はないって
聞いてたでしょ?
さとみ
ああ。
なーくん
ジェルくんは、ころんが起きた時に
さとみくんが傷だらけだったら、
ころんが不安になると思って、
戦わせなかったんだよ。
さとみ
……ころんの事を考えて?
なーくん
そうだよ。
さとみ
……。
なーくん
いい奴なんだよ。みんな。
なーくん
最近出会ったばかりだけど
みんな顔を見たら分かる。
なーくん
目の奥に他の奴とは違う
光を持ってるんだ。
"覚悟"ってやつかな。
さとみ
覚悟……。
なーくん
そしてその光には君達2人にもある。
さとみ
なーくん
だから、俺は君達に興味があった。
なーくん
その覚悟を俺は見てみたいって。
さとみ
そうか……。
なーくん
ピタ
さとみ
どうした?急に立ち止まって?
なーくん
さとみくん、"俺達の仲間"にならない?
さとみ
……。
ジェル
……。
莉犬
……。
るぅと
……。


3人も俺の言葉をちゃんと聞いてたみたいだ。
さとみ
お、俺は……。
なーくん
うん……。
ころん
んん……
ころん
さとみ……くん?
さとみ
さとみ
ころん!!
なーくん
気がついたみたいだね。
ころん
ここどこ?
ジェル
今、なーくんの家に向かってんねん。
ころん
……なんでお前らが……。
さとみ
ころん。


さとみくんはころんを背中から下ろして、
ちゃんと向き合った。
さとみ
俺は……










































……
さとみ
こいつらに付いて行こうと思う。
ころん
!?
ジェル
さとみ……。
なーくん
さとみくん……。
ころん
なんで?僕を裏切ってそっちにつくの?
ころん
僕、また1人になるの?
ころん
やだ……やだよ……ポロポロ
莉犬
……。
るぅと
……。
さとみ
……お前はどうしたい?
ころん
僕は……1人は嫌だ……。
さとみ
こいつらは、お前の事助けてくれたんだよ。
ころん
……へ?僕の事?
さとみ
そうだ。
ころん
なんで?僕、酷いことしたのに……。
莉犬
あーあ、ホントだよ!めっちゃ痛かった
からな!!……バカ
るぅと
さとみくんに蹴られたのも痛かったなぁ〜
正直めっちゃくちゃイラつきました⭐
さとみ
……w
莉犬
まぁでも……そんな悪い奴でも
なさそうだし……お前が、どうしても
仲間に入りたいなら入れてやっても
いいけど………///
ジェル
莉犬なんで照れてんねんwww
莉犬
照れてねぇし!!…///
るぅと
莉犬はツンデレだからぁ〜♪
莉犬
うるさい!…///
るぅと
ま、僕も別にいいですよ。
喧嘩は人が多い方がよりいっそう
楽しいですしね♪
るぅと
ね、"ころちゃん"
ころん
ころちゃん……?
莉犬
あ、いいね!俺もころちゃんにしよう!
ころん
別に……いいけど………///
さとみ
な、ころん、お前も来てくれよ。
ころん
ほんとにいいの?
ジェル
ええで、最初からそのつもりやったしw
なーくん
ころちゃん。俺達と一緒に来てくれる?
ころん
……うん!!ニコ
るぅと
_:(    _ ́ཫ`):_グハ
なーくん
ちょ、るぅとくん?!
莉犬
いや、確かに笑顔が可愛い……。
さとみ
これは……尊い……チ───(´-ω-`)───ン
ジェル
wwwしゃ!
じゃあ仲間も増えた所でラーメン食いに行こ!
なーくん
またラーメンかよwww
ジェル
喧嘩の後はラーメンって決まってんの!!
るぅと
ころちゃん、そんな傷だらけの顔で行ったら
お店の人びっくりしちゃいますねwww
ころん
ぐぬぬ……。
さとみ
wwwwww
莉犬
よし!ラーメン食うぞ!!
あ、ジェルの奢りだかんな!
ジェル
なんでやねん!www
なーくん
はははwww







仲間も増えて、俺達は更に強くなった。


このままいけば、




あのヤクザグループも倒せるんじゃないか……。


そんな甘い事を考えてた俺が……


馬鹿だった……。









ここから、不運が俺達を襲う……。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー