無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

追っ手
ジェル
なーくん、こっからどうする?
なーくん
とりあえず、電車で行こう。
さとみ
俺達金持ってねぇぞ?
ころん
僕も……。
なーくん
大丈夫。お金ならたんまりある。
銀行に行こう。
莉犬
さすがな組w



ヤクザA「よう、兄ちゃん達。金持ってるんだって?」


ヤクザB「俺らに貸してよ?後で返すからさぁ〜」
るぅと
はぁ?無理に決まってるでしょ。


ヤクザA「そっかー……残念♡」

ヤクザA「ドンッ!!」
ころん
ぐはっ!
さとみ
ころん?!
ジェル
こいつらもしかして……。
なーくん
みんな、逃げるよ!!


ヤクザB「こら待てやぁぁぁぁ!」
なーくん
くっ……。



こいつらはきっとヤクザグループの者だな……。


どうして俺達の事がバレた?


とにかく、お金を降ろさないと……。
ジェル
なーくん!
なーくん
どうした!
ジェル
俺と莉犬、るぅとでアイツらを引き付けとく
から、なーくん達3人でお金を降ろしてきて
くれ!
なーくん
なーくん
分かった!
ジェル
行くぞ、莉犬、るぅと!!
莉犬
おう!

ヤクザA「ゴラァァァァ!」
るぅと
こっちだーバーーカ!!←(すみませんby作者)



ヤクザ2人はジェルくん達の方に行った。
なーくん
よし、今のうちに行こう。
さところ
さところ
うん!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なーくん
なんとかお金は手に入れれた……。
さとみ
大丈夫か…ころん?
ころん
うん……大丈夫……。


ころちゃんの傷はまだ癒えてない……。

これ以上走らすのはまずいな……。

もうすぐ、日も暮れる……
なーくん
今日電車に乗ってねーさんの家まで行くのは
無理だ。どこか、泊まる場所を決めよう。
ころん
莉犬くん達はどうするの?
なーくん
俺が探しに行く。だから2人で見つけといて
欲しい。
さとみ
そしたら、なーくんも俺達の居場所が
分かんなくなるぞ?
なーくん
じゃあ、さとみくんに発信機を付けておくよ。
さとみ
おいそんな物騒な物毎日
持ち歩いてんのかよw
なーくん
www
なーくん
とりあえずこれで、さとみくんの場所は
分かる。
なーくん
ころちゃんを頼んだよ。
さとみ
さとみ
ごめん……。
なーくん
いいってw
なーくん
じゃ!
ころん
なーくん!
なーくん
ころん
気をつけてね……。
なーくん
……おう!



ジェルくん達……大丈夫かな……。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ドンッ!
なーくん
いって……。


また誰かとぶつかったよ……。
ジェル
って……なーくん!!
なーくん
ジェルくん!無事だったんだね!
ジェル
おう!あいつらは俺らが巻いたで!
るぅと
楽勝ですよ!
なーくん
良かった!
なーくん
実は、今からねーさんの家まで行くのは無理
だから、どこかに泊まろと思って
さとみくんところちゃんに頼んであるんだ!
ジェル
確かに、もうすぐ夜やもんな!
なーくん
じゃあ行k……。
るぅと
待って!!
なーくん
ジェル




































……
るぅと
莉犬はどこ…………?
ななジェル
ななジェル
?!





莉犬くんが……いない……!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー