無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

強くなれ。
ジェル
ここがなーくん家か……。
なーくん
そうだよ。
るぅと
さすがな組……デカい……。
莉犬
なんか怖いんだけど……。
なーくん
とりあえず、る組とは決着が着いたことを
ちゃんと知らせないと……。
るぅと
分かってます。
なーくん
うん。じゃあ、行くよ?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なーくん
父さんただいま。
なーくん"父"
おぉ、おかえり……
ジェル
お邪魔します……。
莉犬
お邪魔します……。
なーくん"父"
その子達は?
なーくん
俺の友達だよ。
なーくん"父"
そうか……君はジェルくんかな?
ジェル
は、はい。そうです。
なーくん"父"
君は?
莉犬
り、莉犬です!!
なーくん"父"
君は……。
るぅと
……る、……るぅとです……。
なーくん"父"
るぅと……もしや、、、る組か?!
なーくん
父さん、決着は着いたんだ。俺が勝ったんだ。
だから、話しを聞いてくれ。
なーくん"父"
……分かった。みんな中に入りなさい。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


俺は今日あったことを全て話した。


そして、莉犬くんとるぅとくんの過去も。
なーくん"父"
そうか……じゃあ、るぅとはる組とは
あんまり関係がないんだな……。
るぅと
はい……血は繋がっていません。
なーくん"父"
なら、お前の事をななもりの仲間として
認めよう。
るぅと
!ありがとうございます!!
なーくん"父"
それとな、お前達が探している
ヤクザグループだが……。
なーくん
……。
なーくん"父"
まだ、何も情報を掴めていない。
ジェル
そっか……。
なーくん"父"
奴らは姑息な手段で組を経営してる。
確実な手がかりを見つけるにはまだ
時間がかかる。
るぅと
……。
莉犬
……。
なーくん"父"
だから、今のうちにもっと強くなれ。
なーくん
なーくん"父"
奴らと戦う時が来た時、確実に勝てるように
お前達は強くなりなさい。
るぅと
はい!
莉犬
はい!
ジェル
了解です!
なーくん
父さん、ありがとう。
なーくん"父"
……息子よ……
なーくん
なーくん"父"
みんなの為にも強くなれ。
なーくん
なーくん
はい!!






俺達はその後ラーメンの出前を1人10人前頼んだ。


もちろん父さんも10人前食べたwww







明日もまた学校だ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー