無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

💜VS💖
ーーーーーーーなーくんVSさとみーーーーーーーーーーー
さとみ
さぁ。始めようか♪
なーくん
るぅとくん、ちょっと待っててね。
るぅと
はい……。


るぅとくんの背骨は完全には折れてない。


この後すぐに病院に連れて行けば、


ちゃんと治るはず。


さっさっとこいつを片付けないと……。
さとみ
早く来いよ?来ないなら俺から行くぜ?
なーくん
ああ。いいよ。
さとみ
ふっ!!(殴る)
なーくん
スッ(避ける)
さとみ
おらっ!
なーくん
バコッ(攻撃をかわして殴る)
さとみ
っ!!……。
さとみ
……なかなかやるな……♪
さとみ
ドコッ!バシッ!!(右パンチ&腹蹴り)
なーくん
ぐっ!……うっぜ。
さとみ
ウザイのはお前な?
バシッ!!(足を蹴る)
なーくん
っ!!


一発一発の攻撃が重いんだよ……。


俺より力が強い……。
さとみ
ブンッ!!(横腹を蹴る)
なーくん
グハッ……!
なーくん
ハァハァ……っ……。
さとみ
あれれれれ?もう限界ですかぁ⤴︎︎⤴︎︎?
さっきまでの勢いはどこに行ったんだ?w
なーくん
うるせぇな……まだ終わってねぇだろ!!!
なーくん
オラァァァッッ!!!(回し蹴り)
さとみ
ガハッ!
なーくん
まだまだぁっ!!
バキッ!!(頭突き)
さとみ
ぐっ!!……ぃってえなぁぁぁ!!!
さとみ
ドカッ!!バコッ!!(お腹を何度も殴る)
なーくん
う"う"っ!!……。



ダメだ……強い……。
なーくん
クラクラ……。


ヤバい、眩暈が……。
さとみ
ガシッ!(なーくんの首を掴む)
なーくん
う"っ?!
さとみ
ハァハァ……お遊びはもう、終わりだ……。
さとみ
グググッ……(首をキツく締める)
なーくん
ガッッ!……アガッ!!




だ、ダメだ……意識が……
なーくん
ア……う"……。


もう……オチル………………。
さとみ
Checkmateだ♪
なーくん
………………。
さとみ
バタン…………。
なーくん
!?……ゲホゲホゲホッッ!!



俺より先にさとみが倒れた……。
さとみ
…………。




よく見ると左肩にナイフが刺さっている……。


これは……!
なーくん
莉犬くんのだ……。



そう思い、俺は入口の方に目をやった。


そこには。
なーくん
莉犬くん!!ジェルくん!!




そこには、莉犬くんを背負ったジェルくんが居た。
ジェル
あっぶね、なんとか間に合った。
莉犬
るぅとくん!大丈夫?!
るぅと
はい、今のところは……。動けないけどw
なーくん
でも、どうしてナイフを刺しただけで
倒れたの?ナイフに塗ってあったのは
麻痺薬だよね?
莉犬
それとは別に、即効性の睡眠薬を刻んで
塗っておいたんだよ。まぁ効き目は
短いから、今のうちに縛っておいた方が
良さそうだね。
ジェル
分かった。
るぅと
さとみ……強かったですね……。
なーくん
ああ。ジェルくん達が来てなかったら、
2人とも殺られてた。
ジェル
そんなに強いんか……。
莉犬
まぁいいじゃん。捕まえれたし……。
あとはあの猿だけだ……。
なーくん
莉犬くんは大丈夫?
怪我してるけど。
莉犬
……さっき、ころんにやられた……。
莉犬
次は必ず勝つ……。
なーくん
そっか……。
ジェル
にしてもどこ行ったんやろか……。































































……
?
(さとみくん……?)
ななジェル
ななジェル
!!
るぅりーぬ
るぅりーぬ
!!





そこには……









まるで



突然、両親を殺されたかのような、


絶望に満ちた顔をしたころんが立っていた。
なーくん
……。




彼の体は小さく震えていた……。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー