無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2
2021/08/12

第3話

過去の恋愛
         第2話
       〜過去の回想〜


男子が、怖くて苦手な私にも彼氏がいた時期はちゃんとあった。

〜中1〜

当時の私はまだ男子のことは怖いと思っていなかった。逆に男子とすごか仲が良かった


そんな私には恋の相談をしていた男の子が1人いた。
それが小山千路(こやませんじ)私の元彼



あなた:ねぇ、千路どうしよう、好きな人、もう諦めようかな(涙)


千路:え?どうしたの?


あなた:友達が、(好きな人)の事好きなんだって、それで手伝って言われて、もう心がもたない


千路:ほんとにそれでいいの?


あなた:うん、友達のこと応援したい


千路:あなたは、他に好きな人とかいるの?


あなた:え?いないよ、


千路:俺じゃダメ?

え?なに?俺じゃって?え?ん?何が?



千路:俺を好きになってよ

えぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!



千路:おーい、聞いてる?


あなた:あ!ごめん、聞いてるよ、、


え、どうしよう、なんでいえばいいの?



千路:俺帰るわ、また明日な!



あなた:うん!じゃあね

いやいやいや、え?夢??夢だよねうん。



そのあと3ヶ月経って、私たちはカレカノになった。

まぁ、半年が経ってクラス替えで離れて別れちゃったんだけどね、
未だに千路とは、気まずいままで話してない
こんな関係になるなら付き合わなければ良かったって思っちゃうよね笑笑




これが私の元彼ができた時の話