無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9話 お前って、
てひょん
てひょん
なぁ、お前って、ぐくと付き合ってるの?
you
you
そ、そーだけど
突然話しかけてきたのは同じクラスのきむ てひょん君
てひょん
てひょん
ふーん
you
you
な、なんで?
てひょん
てひょん
いや、別に深い理由はない
you
you
あぁ
てひょん
てひょん
な、なぁ
you
you
ん?
てひょん
てひょん
今日放課後屋上来て
you
you
え?なんで?
てひょん
てひょん
いいから、来いよ
you
you
わ、わかった
なんの用事だろう




てか、あと1週間でテストだから







早く帰って勉強したいんだけどなー






勉強できないけどね、
じょんぐく
じょんぐく
あなたー、今日放課後一緒に勉強しね?
you
you
お!ちょうどいいね👍いいよ!
you
you
あぁーでも、放課後少しだけ用事あるからちょっと待っててくれる?
じょんぐく
じょんぐく
いいけどー、なんの用事?
言ったらぐく嫉妬しちゃうかな。






you
you
きむ てひょん君に呼ばれたから……
じょんぐく
じょんぐく
ちっ…あいつかよ
you
you
で、でも!すぐに終わるから!
じょんぐく
じょんぐく
絶対何もすんなよ?早く来いよ
you
you
わかってるって
そう、ぐくは嫉妬深いのです、






—————————————-
放課後


私はきむ てひょん君より早めに屋上に来ていた
you
you
(はぁ…話ってなんだろ、早くぐくのところ行きたいのに)
you
you
はぁ…めんど
あなたちゃん!心の声漏れてますよ!
てひょん
てひょん
ごめん、遅れて
ほんとだよ、お前が呼んどいて遅れるとか非常識すぎるだろ
you
you
ぜ、全然大丈夫だよ!
you
you
で、話って?
てひょん
てひょん
簡単に言うね
you
you
う、うん
そう言ったきむ てひょん君はさっきの顔とは違った顔で私を見ていた
てひょん
てひょん
あなたのことが好き。
you
you
え?ほんとに
てひょん
てひょん
こんなところで嘘つくわけねーだろ
you
you
あ、あぁ
てひょん
てひょん
でも、お前はぐくと付き合ってるんだろ
てひょん
てひょん
だから、付き合えないのは知ってる
てひょん
てひょん
だけど、せめて親友にでもなってくれない?


は?いや、友達ならわかるよ?まだしもね、
親友ですか……?なんか、ん?
you
you
しん…ゆー?
てひょん
てひょん
うん親友
はぁ…最初から馴れ馴れしくいくタイプの人間ですね、
you
you
いy……
はぁ…そうだ。裏知られちゃいけないんだ。
you
you
いいよ!☺️
私は作り笑顔で笑ってそう答えた
てひょん
てひょん
ほんと!ありがと
てひょん
てひょん
よろしくな!あなた
だから、馴れ馴れしいんだよ、
呼び捨てでよんでもいい?くらい言えよ
you
you
よ、よろしく!てひょん君
てひょん
てひょん
ねぇ
てひょん
てひょん
てひょん君はやだ
you
you
じゃあ……
てひょん
てひょん
てひょん
you
you
て、てひょん……
てひょん
てひょん
そう
なに、なんか私この人に命令されてる?!
you
you
あ、じゃあ帰らないとだから!
てひょん
てひょん
うん、また明日な
てひょん
てひょん
俺の気持ち変わんねーから
you
you
っ……うん






next