無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,707
2021/04/19

第2話

🦊🍬
((あなた視点))
キュッ

キュッ

バシーンッ(ッ)(!)


いつもの体育館でのサーブ練習やブロック練習をしてるみんな。


(バタバタバタ)バタバタバタ(!!!)




ガラガラッッ!


全員「「『ビクーーーッ』」」

ドテッ...

『武田先生...大丈夫ですか...?』

武田「あ、はい!」

澤村「集合!!!!」

武田「組めましたよ!!」

『合宿...?』

武田「そうです!」
「夏休み中の長期合宿です!!」

全員「「「?!?!?!」」」

清水「ち、ちなみに参加する学校は...?」

武田「青葉城西,白鳥沢,音駒,梟谷,稲荷崎,そして、烏野(うち)です!場所は"ユースの合宿(日本ユースが使う館)"です!」

「「「「「「『?!?!?!』」」」」」」

日向「え、日本ユース?!?!」

菅原「あのamdsの館だべ?!」

武田「はい!!」
「あちら側から連絡がありましたので...!!」

烏養「あ〜...あとひとつだがあなたは選手としてはなくマネージャーとして参加させるぞ」

全員「「「「え゙ッッ...」」」」

『、💦💦』

『烏養サンありがとうございます...💦』

烏養「...お前も大変だな」


...???
どういうこと...??


『...??💦💦』

武田「ま、まぁ、そういうことですので、夏休み、親御さんからの許可をお願いします!!」

全員「「「「『ハイ!!』」」」」

実の親居ないのに...

澤村「練習に戻るぞ〜!!!!」

「「「「うっス!!!!」」」」

清水「...今回はあなたちゃんは選手(プレイヤー)じゃなくて私たち(マネージャー)と同じなんだね」

谷地「あなたちゃん、何かそっちでやりたいこととかあるの?」

『...2人だけに教えるけど俺、ユースなんだよね、チームにも入ってる』

2人 「「え...!?」」

『amdsっていう...』

清水「だからそんなにバレーが上手なのね...」

谷地「あ、あぁぁ...?!?!」

『仁花ちゃん...?』

谷地「私殺されませんよね?!?!」

『ちょ、...仁花ちゃん.殺されはしないから安心して...💦💦』

清水「谷っちゃん、落ち着いて...💦」

田中「ノヤっさん!!見てみろ!!天使たちがいるぞ...!!」

西谷「うぉおおおお!!!!」

『うるせ...((』



~~数分後~~


『部活終わった...あ、ノート...』

清水「あなたちゃんってすごいよね」

『...え?』

清水「みんなのことよく見てるんだもの」

谷地「コクコク...」

『観察力も大切にもなってくるからね...』

菅原「お〜い!3人とも〜!帰るべ〜!!」

3人「「『は〜い!』」」

『...んふふ(*´꒳`*)』


こんな生活は本当に初めて。
父さんと母さんは...ううん、思い出すな俺((



~~帰り道~~

日向「研磨と会える!!」

『...』←


あ~、終わった。あの双子(宮兄弟)に絡まれる。
あ、でも葵ちゃんに会える。


『(頑張るぞ...!)(*´v`)』

全員「( ゚∀゚):∵グハッ!!」

『????????💦💦』


あいつらだけにでも連絡だけしとくか


(なまえ)
あなた
ねぇ
(なまえ)
あなた
クソ雷さん
沢斗
沢斗
ひどくね???()
(なまえ)
あなた
お前、俺に謝ることあんだろ
沢斗
沢斗
……なーんのことかな←
(なまえ)
あなた
【写真】
沢斗
沢斗
...勝手に決めつけて申し訳ございませんでした
沢斗
沢斗
全て私が悪いです...
(なまえ)
あなた
てか何?!
(なまえ)
あなた
持ち物に水着って!!!
沢斗
沢斗
...ごめんなちゃ〜〜い☆☆←
(なまえ)
あなた
お前明日覚えてろよ
沢斗
沢斗
...葵を差し出すわ←
(なまえ)
あなた
葵ちゃんはうちの子にしてからお前を殴る
沢斗
沢斗
あ...(悟)













『あいつに会うたら1発くらす...(あいつに会ったら1発殴る...)!』