無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

486
2018/05/19

第5話

可愛い後輩なんて思わない
ジフンクンside

僕があなたちゃんに出会って僕の気持ちがおかしい常に女の子には慣れてないはずなのにあの子だけは何かが...
いいや好きなわけがない後輩だぞ?冷静になれパクジフン!これは禁断の恋なんだ
と自分の顔をパンパンと叩いた
そして僕の人生の大きな歯車が動き出したんだ...
ある日生徒会室に向かっていたらある女の子達の会話が耳に入ってきた
クラスの人達
クラスの人達
女子A子)あなたちゃん初日の学校ジフン先輩と一緒に来てたの!
女子B子)え?!まじで?ありえないんだけど
女子C子)だってジフン先輩ってA子の好きな人じゃん
.......

女子A子)初めてあったばかりの先輩に手出すとかどこまでの男たらしなのwwだいたいあんたみたいなのはジフン先輩のタイプじゃないからw
女子B、C子)まじでそれなーw勘違い乙ーw
聞いて損した、は?僕はすごくムカついた…なんでだろう、いつもなら女の子達が怖くて何も言えないでもあなたちゃんの悪口だけはどうしても許せない
と僕は何も考えずに女の子達に話しかけた
パクジフンクン
パクジフンクン
それってあなたちゃんのこと?
クラスの人達
クラスの人達
女子A子)ジフン先輩?!えっと...これはーその...
僕が話しかけた瞬間女の子達は一斉に人が変わったかのように性格が変わった
それと同時にえっ?という声が聞こえた気がした
??
え?
え?と聞こえた方を向くとやっぱりあなたちゃんだ。聞いてたのか…その泣きそうな顔を何とか笑顔にしたいそう思えて女の子達への言葉が止まらなかった
パクジフンクン
パクジフンクン
僕そういうことする人きらーいだってあなたちゃんは僕の可愛い後輩だもん
僕はこういう状況になって気づいたやっと僕はあの子のこと完全に気になっている、
可愛い後輩だなんて思ってない

可愛いのは後輩としてのあなたちゃんじゃなくて馴れ馴れしくて可愛いくて気さくに話しかけかけてくれる優しいあなたちゃんすべてが好きなのかもしれないいや

好きだ
僕がそんなことを思っていると
女の子達が口をはさんでくる
クラスの人達
クラスの人達
女子A子)いやでもそれだったら私達も可愛い後輩じゃないですか!
女子B子)そうですよ!私達の気持ちも分かってくださいよ!
女子C子)だいたいいけないのはあなた方じゃないですか?そう思いません?
あーまったく何回言えば分かるんだよこの子たちは
もうこの際はっきり言おう
パクジフンクン
パクジフンクン
なんで?僕が誘ったのに?
その時の状況を見ても聞いてもないくせに分かったように言わないでくれるかな?

あと今あなたちゃんの悪口言ってたのを聞いたのは事実だから君たちは可愛くもないし後輩なんて思わない今後もしまたこんなことがあったら次は注意じゃすまないからね?僕の可愛いあなたちゃんを傷つけないで
僕はあなたちゃんが聞いてるのを知っててわざと可愛いあなたちゃんなんて言ってしまったそれに気づいてない鈍感な所も可愛いなんて思える
それを聞いていたあなたちゃんは泣き出してしまった
僕はあなたちゃんをなぐさめるのに必死だった
パクジフンクン
パクジフンクン
辛かったね…もう大丈夫だからねごめんね😭なんかあったらほんとにゆってって言ったでしょ?僕が絶対に助けてあげるだから泣かないであなたちゃん可愛い顔が台無しだぞ!
you
you
だ、だってぇ…やざじずぎるんでずよ💦(優しすぎるんですよ)
ジフンクン大好き😭💗ほんとにありがとうござます😭💗
え?今ジフンクン大好きって言ったよな?うん完全に言ったぞ?顔が赤くなる...でもちょっと意地悪しよ
パクジフンクン
パクジフンクン
え?今なんて言った?
you
you
え?なんかおかしいこと...
あーーー!!!えっとその...何も言ってないですよ?ありがとうございますとしか...
でも僕はちゃんと聞いてたんだなあなたちゃんがジフンクン大好きって言ったこと。

僕も大好きなんて言えないけどね
パクジフンクン
パクジフンクン
ん?そう?
今日一緒に帰ろうよ!道間違えそうで怖いからねあなたちゃん
本当はそんなこと思ってない
あなたちゃんとずっと一緒にいたいから一緒に帰ろうよ!なんて言えないからごまかしの言葉
でもあなたちゃんは
you
you
でもまたなんか言われたら…
そうだよね...

あ!そうだ!いいこと思いついた!
パクジフンクン
パクジフンクン
じゃあちょっとだけ教室に残ってようよ!生徒会室今いる場所のすぐの隣の部屋!そこで待ち合わせね!みんなが帰るまで隠れてよ!
you
you
それなら一緒に帰りたいです道間違えそうで怖いし自分も
よっしゃーーー!神様あーありがたやー💗嬉しい
パクジフンクン
パクジフンクン
じゃあ家教えてねw僕の家も教えとくから暇な時おいでw僕も行こっかなーw今日とか?w
冗談半分で言ったこの言葉あなたちゃんはまともに受けて止めてくれたさすが鈍感だよねw
you
you
え?今日?!えっといい、ですよ?
なんてことだ自分で言ったくせにいいなんて返事返ってくるなんて思ってもなかった
パクジフンクン
パクジフンクン
え?まじでいいの?やったー!じゃあ決定ね!
you
you
わかりました!
そうやって何気ない会話だったけどすごく重大なことが決定してしまった…ドキドキしながらもやっと帰りの会がやってきた



外を見ると雨が降っている