無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

698
2018/05/18

第2話

出会い
パクジフンクン
パクジフンクン
あなたおはよぉ(っ ̯ -。)
you
you
ジフンクンおはよう☀
こんな何気ない会話だって私には幸せに感じられる人に出会ったのは去年の夏だった
両親の仕事の都合で引っ越すことになってしまったそして引っ越して初めての学校、前の学校よりの大きくて中高一貫校しかも制服が可愛くて結構気に入っているそこだけは...
you
you
はぁ...緊張する...
you
you
早く寝たいけど寝れないな
緊張して前日ほとんど寝れずに当日をむかえてしまった
you
you
やばいーー!遅刻だー!
you
you
お母さーん!送ってってよ💦
お母さん
お母さん
えー😰そんな急に言われても無理よ💦走ったら間に合うわよ早く行ってらっしゃい!
you
you
お母さんのケーチ( 怒)
私は初日の学校だけは遅刻してはならないと必死に走った...

すると死角になっているところわ曲がろうとすると誰かにぶつかってしまった...
you
you
(ฅ д・)ゞイテテ…すみません!大丈夫ですか!?
よく見てみると同じ制服...まだ間に合うかも...と少し希望を感じたがそんなことよりこの人カッコよすぎる…
パクジフンクン
パクジフンクン
はい、大丈夫です...ってうちの学校?見たことないけどしかも中学生じゃん
you
you
やっぱり同じ学校なんですね!
引っ越してから初日の学校なんです…でも遅刻しそうで...早く行かないと間に合わない...
パクジフンクン
パクジフンクン
(〃゚艸゚)プッw今何時だと思ってるの?全然まだまだ余裕だよw前の学校こんなに早かったの?うちの学校は9時に着席だから8時半頃に付いてたらおっけい!良かったらまだ場所いまいちわかんないだろうし一緒に行こうよ!
you
you
え!そうなんですか💦急いで損した😭
え!いいんですか!?すみませんありがとうございます...
てかぶつかってしまってすみません本当に
パクジフンクン
パクジフンクン
全然いいよ!1人じゃさみしいしねw

僕は全然大丈夫だけど君は大丈夫?
僕は高校生だからさ!君は...中2みたいだね!
と優しすぎて逆に怖い先輩が私の制服を見て言った
you
you
はい!そうです!高校生なんですね!どうりで大人っぽいと...
あ!お名前聞いてもいいですか?
と一番気になっていたことをさらりと聞く作戦w
パクジフンクン
パクジフンクン
でしょー!大人っぽいでしょ!w
あ、僕?僕の名前はパクジフン!ジフンって呼んでよ!
you
you
あ、やっぱり子供っぽいかもですねw中身はw
流石に先輩だから自分のジフンクンって呼びます!
あーー💗名前までかっこいい💗
内心そう思ってる自分が恥ずかしくて顔がちょっと赤くなる
パクジフンクン
パクジフンクン
君の名前も教えてよ!
とジフンクンが聞いてくれた
あー嬉しすぎて赤くなる😵💓
バレないでこれだけは単純って思われるこんな美しい人と一緒に学校に行けるのも神なのに...

少し照れながらも自分の名前を言った
you
you
あなたです!
パクジフンクン
パクジフンクン
あなたちゃん!可愛い名前だね!
あなたちゃんって呼ぶよ!これからよろしく!
you
you
可愛いだなんてジフンクンの名前もかっこいいです!
あー言ってしまった😵
可愛いだなんて反則すぎるでしょさらに顔が赤くなる
パクジフンクン
パクジフンクン
あー顔が赤いよ?熱でもある?
バレてしまった
あなたのせいですなんて言えない
you
you
え?本当ですか!?全然元気なんですけどねwおかしいなーㅎㅎㅎ (棒
パクジフンクン
パクジフンクン
棒読みすぎだよwきつかったらゆってね!もう学校着くよ!あれが僕達の学校!結構でかいでしょ!
バレたか見た目によらず鋭い
でも楽しかったもうこの時間が終わってしまうのが辛い、辛いのを我慢して無理やり笑顔を作って
you
you
ほんとだ!デカっ!これが私たちの学校か、、緊張する💦
パクジフンクン
パクジフンクン
あなたちゃん!大丈夫だよ!何かわからないことがあったら僕にゆってね!一応僕生徒会長なんだよねーw
おっと話の展開がよく分からないぞ?
ジフンクンってかっこよくてでもバカっぽくて優しくてそして生徒会長?!もう訳分からなくなって混乱中w
you
you
せ、生徒会長?!ぽいかも?!
ジフンクンって優しいですよね💦ありがとうございます!クラス表見てくるのでここでお別れですね😭ほんとにありがとうござました!
パクジフンクン
パクジフンクン
ほんとに何か分からないことがあったらゆってよ?
あなたちゃんじゃあまたね!
話せて良かったし楽しかったー!
そんなことをサラッと言えちゃうあたりずるい私は背を向けて赤くなる顔を隠した…

でもなんだか楽しい学校生活になる気がした