無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

6,756
2021/06/13

第2話

1・*:..
今日は千冬と一緒に学校に行く約束をしています。
MOB
おーい!そこのお嬢ちゃん。
MOB
今から俺らと遊ばね?

話しかけて来たのは10人くらいで固まって行動している高校生くらいの輩だった
小鞠 あなた
ごめんなさい。用事があるので…
MOB
いいじゃん!遊ぼーぜ?
そう言い私の肩に手をおいた
小鞠 あなた
触んな…
MOB
あ"?
小鞠 あなた
汚ぇ手で私に触んなっつってんの
MOB
てめぇ……
そう言い殴りかかろうとしてくるので拳をかわして
溝内に蹴りを1発お見舞いしてあげた。
MOB
調子乗ってんじゃねぇぞ!
残りの奴らが私に殴りかかってきた。
私は1人ずつに蹴りをお見舞した。
けれど…
小鞠 あなた
あれ?あともう1人いたはず…
MOB
覚悟しろ!ガキ!
後ろを振り向くと鉄パイプが私の頭に降りかかる寸前だった
小鞠 あなた
っ!!!!
ヤバっ…。避けきらん…
ドンッ
あれっ…痛くない?
ゆっくり目を開けるとそこには…
松野 千冬
誰の女に手だしてんだよ
小鞠 あなた
千冬っ!!
小鞠 あなた
どうして?
松野 千冬
遅いから迎えに来た。怪我は?
小鞠 あなた
大丈夫!
助かった、ありがと!
いつの間にか私を殴ろうとしたやつは逃げていた
松野 千冬
それにしてもあなた、つぇ〜な。
小鞠 あなた
そう?相手が弱すぎるんだよ。
松野 千冬
スゲーな…w
松野 千冬
よし。あなた行くか!
小鞠 あなた
うん!
キーンコーンカーンコーン
松野 千冬
やべっ
小鞠 あなた
急げ〜!!
私の彼氏は人の為に怒れる
とても優しい自慢の彼氏です。