無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,096
2021/08/14

第14話

9・*:..
8月10日
小鞠 あなた
ふぅ。やっと熱が引いたな…
私の熱が引いたのは私が熱を出してから7日経った
今日、8月10日だった。
その間にもう一度高熱を出してしまって完治するのに7日もかかってしまった。
小鞠 あなた
ドラケンのお見舞い行こ〜かな
私は千冬に
「熱が引いたからドラケンのお見舞い行ってくるね!」と連絡をして家を出た。




















ここがドラケンの病室か…
扉を開けた音で同時に2人がこちらを向いた
そこにはドラケンと…金髪の男の子が居た。
龍宮寺 堅
おっ!あなたじゃねぇか!
小鞠 あなた
よっ!
小鞠 あなた
ドラケン!久しぶりだね!
龍宮寺 堅
そうだな
小鞠 あなた
怪我は?
大丈夫なの?
龍宮寺 堅
あぁ、何とかな。
龍宮寺 堅
それもこいつのおかげだ
そう言うドラケンの指を指した方向に目線を投げるとそこには金髪の男の子が_______
小鞠 あなた
もしかして、この子がタケミっち?
龍宮寺 堅
おう!
ドラケンを助けたって言うからもう少し厳つい感じの男の人かと思ったらとっても変な格好をしているいかにも弱そうな男の子だった。
花垣 武道
花垣武道っス!
よろしくお願いします!
小鞠 あなた
うん。よろしくね!
"タケミっち"
小鞠 あなた
私は小鞠こまり あなた。
小鞠 あなた
まずはドラケンを助けてくれてありがとう。
花垣 武道
い、いや、俺は別に…
小鞠 あなた
その手の傷、ドラケンを助けた時にやられた傷でしょ?
花垣 武道
あ、いや、俺は俺のやるべきことをやったつーか…
なんだかパニクっているタケミっちを他所に
小鞠 あなた
ねぇねぇ、ドラケン?
龍宮寺 堅
ん?どうした?
小鞠 あなた
さっきから結構気になってたんだけどさ__
小鞠 あなた
タケミっちのあのダッサイ格好何?
そう、私がタケミっちと会った時からの1番の疑問
なんだ、そのダセェ服…
龍宮寺 堅
あぁその事か。なんかあいつチヤホヤされて調子乗ってんだよ
小鞠 あなた
えっ?何それウケる!
小鞠 あなた
ある意味ダサすぎて注目浴びてるんじゃない?ww
ヒソヒソ話で話していたつもりだったけどタケミっちには聞こえていたみたいで……
花垣 武道
ひどいっスよ!
あなたさん、ドラケン君!
そのタケミっちの必死な顔がツボでツボで…
小鞠 あなた
ブフォwww
花垣 武道
なんで笑うんスか!!!
小鞠 あなた
いやいや、なんか顔がおもろくてさwww
花垣 武道
それ、完全にディスってるじゃないスか!
小鞠 あなた
アハハハハ    ごめん!ごめんってwwww
なんだか、久しぶりにこんなに笑ったかもな…











小鞠 あなた
よし!
ドラケンも元気そうだし私は帰るね!
ドラケンも元気そうなので家に帰ることにした。
龍宮寺 堅
またな!あなた。
小鞠 あなた
うん、またね〜!!
そう言い私は家に帰った。